東海・北陸地区 国立大学法人等 職員採用試験

機関紹介

6 国立大学法人

静岡大学の理念「自由啓発・未来創成」
 静岡大学は、静岡県内に2つのキャンパスを置き、1万人余の学生を擁する総合大学です。
 静岡キャンパスは、静岡市街と駿河湾を臨む日本平の裾野の緑豊かな丘陵地に立地しています。気候は温暖で、穏やかな気質が特徴です。
 浜松キャンパスは、モノづくりの中心地・浜松市の市街地に立地しています。“やらまいか精神”で新しいことにチャレンジする気質があります。
 地域の豊かな自然と文化に対する敬愛の念を持ち、質の高い教育、創造的な研究による人材の育成を通して、人類の未来と地域社会の発展に貢献していきます。

  • 教職員数…1,129名
  • うち:事務職員…218名
  • 図書職員…13名
  • 技術系職員…78名

採用担当からの
メッセージ

総務部人事課人事係
ninyou[a]adb.shizuoka.ac.jp
054-238-4415・4416
〒422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836

 静岡大学は、教育・研究を通じ、社会や地域において必要不可欠な存在となるために、より個性豊かな魅力ある大学となるべく努力しています。また、知(地)の拠点として、時代をリードし創成する場へとその使命は大きく膨らんできています。わたしたち職員の業務は多種多様で、柔軟性や創意工夫を求められる非常にやりがいのある仕事です。固定観念にとらわれず、チャレンジ精神旺盛な大学人を目指す方の応募を期待しています。

職員の声

杉沢 花綾

静岡大学 学術情報部 図書館情報課 分館サービス係
(採用年度:平成30年度 / 試験区分:図書)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A学生や教職員に対して利用案内をしたり、自館に所蔵のない図書は他機関に依頼して取り寄せ、利用者に提供します。図書館の資料を使った展示を行う際には、企画から最終的なレイアウトまでを他の職員と協力して行っています。また、学生が図書館での活動をする上で必要な物品の準備をします。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
Aどんな仕事の中でもアンテナを張り、学生のためのサービスに繋げられるよう心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A〈哲学〉をテーマに図書の展示を行ったことです。一人で企画・選書を始めたのですが、最終的には他の教職員の方々にも大いに協力してもらい、無事形にすることができました。もっと色々な方面との「協働」がしてみたいと思えた企画です。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A図書系職員の応募枠は少ない上、実際に働いてみるまでは仕事内容もよく分からず不安を感じる方が多いかもしれません。しかし、入職してから自分のペースで着実に育っていける職場なので、あまり事前に気負う必要は無いかと思います。自らの専門性を大切にしつつ、誰かの研究を応援する気持ちがあれば、やりがいのある仕事です。
大石 紘数

静岡大学 財務施設部 財務課 予算係
(採用年度:平成26年度 / 試験区分:事務)

Q1この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A予算を取り扱い、会議資料の作成も多いため、正確で迅速な仕事を心がけています。
Q2現在の仕事内容について教えてください。
A文科省への概算要求や学内予算の編成・配分など、予算に関する業務を行っています。財政状況が厳しさを増す中でも、本学の目標や計画を基にしながら、効率的な予算の配分方法や、本学の強みを生かしていくことが出来る配分方法を検討しています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A財務課予算係に異動した際は聞いたことのない用語や様々な予算の種類に戸惑いました。また文科省や学内の役職員とのやり取りが多く、前任の部署とは関わる方達が大きく変わりました。 前任の同課財産管理係では、不動産の貸付料金を改定することになり、国の規程の確認や、県・市・周辺大学・不動産業者等からの情報収集、学内会議などを経て、新料金を設定しました。それにより貸付料収入が大きく増えた時は大学運営への貢献を感じられました。
Q4今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
Aまだ予算係に異動して数ヶ月しか経っていませんが、異動前の業務での経験や他大学の取り組みなども参考にして、関連する部署などと協力しながら、限られた予算を本学の目標や計画に沿って効率的に配分できるように取り組んでいきたいと考えています。 また前任の財産管理係の際は外国人研究者の方の対応などに苦慮したため、今後更に増えていく留学生への対応なども考え、語学のスキルを上げていきたいと考えています。
佐藤 翠

静岡大学 国際交流課 国際学生交流係
(採用年度:平成23年度 / 試験区分:事務)

Q1この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A国際交流の業務の魅力はグローバル化の最前線を体感できること
Q2現在の仕事内容について教えてください。
A留学生に関わる仕事をしています。海外協定校からの留学希望者の募集や渡日にかかわること、奨学金の申請や応募に関すること、留学に関する調査の学内の取りまとめなどを行います。海外と書類をやりとりすることも多いため、スケジュールを調整して計画的に仕事を行うことが大切です。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A来日する学生を迎え入れ、これから留学生活を始める瞬間に立ち会うことは大きな喜びです。留学生の迎え入れは学内はもちろん文部科学省や旅行会社とも調整しながら業務を進めます。飛行機が定刻通り飛ばないなど想定外のトラブルが起こることが多く、気を使うことも多いですが、学生が無事に留学生活を始める現場に立ち会えることに達成感を感じます。
Q4今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A目下の目標は語学力をあげること、学生と交流する機会を増やし気軽に相談できる雰囲気を作ることです。 大学事務の仕事は多岐にわたり、異動があるとまったく違う仕事内容になることもありますが、いろいろな業務を経験することが必ず次の業務に活かせる職場です。与えられた仕事をこなすだけでなく、チャンスを生かして積極的に取り組んでいきたいと思っています。