東海・北陸地区 国立大学法人等 職員採用試験

機関紹介

8 国立大学法人

東海国立大学機構 名古屋大学

http://www.nagoya-u.ac.jp/

「勇気ある知識人を育てる」
 名古屋大学は、3つのキャンパス等に、9学部・13研究科、附属図書館、医学部附属病院、3附置研究所、3共同利用・共同研究拠点等を擁する世界的な研究重点大学で、平成30年3月に文部科学大臣から「指定国立大学法人」に指定されたのを契機に、さらなる高次元への飛躍を目指しています。自由闊達な学風の下、ものづくりの中心たる東海の地において、その基盤となる学術研究と人材育成を担い、我が国の学術・文化・産業の発展を支えてきました。世界の最先端を目指す独創的な研究活動や多分野にわたる国際展開は、刮目に値する高いパフォーマンスを示し、これまでに6名のノーベル賞受賞者を輩出しています。

  • 教職員数…(東海大学機構全体)7,315名
  • うち:事務職員…(東海国立大学機構全体)950名
  • 図書職員…(東海国立大学機構全体)58名
  • 技術系職員…(東海国立大学機構全体)260名

採用担当からの
メッセージ

総務部人事課(第一人事担当)
jj2028[a]adm.nagoya-u.ac.jp
052-789-2028,2029
〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町

 地域貢献をその使命とする岐阜大学と、世界の研究大学を目指す名古屋大学は、世界と我が国社会の大きな変動と大学を取り巻く状況の著しい変化を踏まえ、令和2年4月に東海国立大学機構として生まれ変わり、それぞれの強みを最大限に生かしながら補い合い、次なる時代へパワーアップを図っています。
 職員は機構職員として採用され、機構が求めるコミュニケーション能力や企画力、語学力などを有することはもちろんですが、加えて教育・研究への情熱や現状に対する問題意識を有し、様々な課題が生じる現場の中で自己のスキルを磨くことができる人材を求め、またその育成を支援します。
 新たな国立大学のあり方を一緒につくっていきましょう。