東海・北陸地区 国立大学法人等 職員採用試験

機関紹介

18 独立行政法人 国立高等専門学校機構

富山高等専門学校

https://www.nc-toyama.ac.jp

 富山高等専門学校は,平成21年10月に富山工業高等専門学校と富山商船高等専門学校の統合・高度化再編によって誕生しました。工学系4学科,人文社会系1学科,商船系1学科の計6学科及び4専攻から成る専攻科があり,多様な教育研究分野を有していることが大きな特徴です。
 「創意・創造」,「自主・自律」,「共存・共生」を教育理念に掲げ,分野間の連携と2キャンパス間の距離を超えた融合を図って,教育・研究・地域貢献活動を行っています。

  • 教職員数…200名
  • うち:事務職員…55名
  • 図書職員…3名
  • 技術系職員…25名

採用担当からの
メッセージ

総務課人事労務担当
jinji[a]nc-toyama.ac.jp
076-493-5491
〒939-8630 富山県富山市本郷町13番地

 富山高等専門学校は,本郷キャンパスと射水キャンパスの2キャンパスを有する統合・高度化再編校です。全国51の国立高専のうち4校しかない統合・高度化再編校の1つである本校では,単に業務を的確に行うのみならず,柔軟性と実行力をもって他の教職員と協同して,より質の高い教育・研究支援や地域貢献を推進していく力となる職員の育成を目指します。

職員の声

本江 眞理

富山高等専門学校 総務課
(採用年度:2019年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A教職員の勤務時間・超過勤務の集計と報告書の作成、船員健康診断の申込み・日程調整、旅費業務、代表電話・来客の対応、卒業式・入学式(商船系)のとりまとめなどを行っています。高専で働く教職員が円滑に業務に取り組むことが出来るよう、努めています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A教職員からの問い合わせに対して、公平で丁寧な対応を心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A9月に挙行した、商船学科卒業証書授与式・専攻科海事システム工学専攻修了証書授与式の業務が特に印象に残っています。新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じての実施にあたり、校内で打合せを重ねました。県や国内の状況に注意しながら準備を進めるのは、気が抜けないものでしたが、教員や他の職員と協力して無事に終えることができました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A国立大学法人等職員の業務は、教務・学生支援、研究協力、総務、財務など多岐にわたります。そのどれもが、組織を運営するうえで欠かせないものです。業務を進めるうえで法律や規則など、様々な知識が必要になりますが、日々新しいことを学んでいく面白さがあります。
福安 崇宏

富山高等専門学校 技術室
(採用年度:平成30年度 / 試験区分:化学)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A主な業務は学生実験の支援です。分析化学実験、化学工学実験といった専門科目の実験だけでなく、一般科目の実験も担当しています。支援の内容は実験準備(実験で使用する試薬の調製やプリントの作成・印刷)と実験中の学生への技術的指導です。実験前にミーティングを行うこともあります。担当教員の方々と実験手順の確認や情報共有を行い、実験が円滑に進むようにしています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A安全な実験環境づくり、学生が自ら答えを導き出すことができる指導を心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
Aガラス細工(学生実験のテーマ)の指導です。私はガラス細工の経験がほとんどなかったため、実験の数週間前からガラス細工の練習や勉強を行い、一連の操作を覚えました。ガラス管の加熱の目安や焼玉法などコツを掴むのに苦労した操作もありましたが、そのおかげで実験では学生がつまづきそうな操作を予測しながら指導することができました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A技術職員の業務は教育・研究支援、研究機器の管理・操作法指導、実験データの整理など多岐にわたります。高専では実験・実習が活発に行われており、安全な実験・実習を行うためには技術職員の力が必要です。世界が注目する「KOSEN」で、未来を担う技術者を育成する仕事をしてみませんか?