東海・北陸地区 国立大学法人等 職員採用試験

機関紹介

3 国立大学法人

北陸先端科学技術大学院大学

http://www.jaist.ac.jp/

 本学は、国際的水準の最先端で学際的な研究を背景に、大学院教育を実施するため、学部を持たない我が国で最初の国立大学院大学として平成2年に開学しました。
 出身学部を問わず、社会人・留学生を含め広く学生を受け入れるとともに、先端科学技術分野をリードする研究者を広く各界から迎えることで、最高レベルの教授陣を擁しています。本学の学生や教員に占める外国人の割合は、国立大学法人の中でもトップクラスで、重要な事務連絡メールは英語と日本語で交わされるなど、学内は国際色豊かな雰囲気に溢れています。

  • 教職員数…294名
  • うち:事務職員…117名
  • 図書職員…1名
  • 技術系職員…24名

採用担当からの
メッセージ

人事労務課人事係
jinji[a]jaist.ac.jp
0761-51-1061
〒923-1292 石川県能美市旭台1-1

 本学は事務職員の平均年齢が若く、規模が大きくないために事務職員一人一人の果たす役割が多い、大変やりがいのある職場です。
 また、職員の能力・資質向上を目的に、語学研修などの種々の専門研修を行うとともに、文部科学省(行政実務)等における研修制度を積極的に活用しています。
 本学では、現状に対して課題意識を持ち問題解決に向け、自ら考え積極的に行動する強い意欲を持った人材、チームワークを大切に進んで協同する高い協調性を持った人材を求めています。

職員の声

小谷 剛弘

北陸先端科学技術大学院大学 総務部 総務課 総務係
(採用年度:平成28年度 / 試験区分:事務)

Q1この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A学外と最初に接する部署なので、常に大学の顔であることを意識しています。
Q2現在の仕事内容について教えてください。
A学内の会議や式典、行事などを主導的に進める業務を行っています。業務は他課と連携して行うものが多く、会議等の開催日時や開催場所等の調整、各課からの資料のとりまとめを行います。主な式典には入学式や学位記授与式、主な行事にはJAISTフェスティバルがあります。大学公開の一環であるJAISTフェスティバルは、学外に開かれた行事であるため、総務課が大学の代表窓口となって地域と連携する役割も担います。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
AJAISTフェスティバルは、子どもから大人まで幅広く一般の方々に、最先端の科学に興味をもってもらえるような企画を実施できることが魅力の1つだと思います。特に、地元の中学生を対象とした「一日大学院」の企画では、中学生が身近な科学の本質を分かりやすく、楽しく学べるように、教員や他の事務職員と協力して準備を進めたことが印象に残っています。
Q4今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A採用されて、約1年になりますが、仕事をする上で、総務係として様々な部署と関わりをもつことができました。これからは、総務係としての業務だけでなく、広い視野をもって他課との連携を大切に、新人らしい新しい視点で、大学の経営改善につながる働きをしていきたいです。
数井 百香

北陸先端科学技術大学院大学 大学戦略・広報室広報係
(採用年度:平成26年度 / 試験区分:事務)

Q1この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A担当業務が円滑に進むよう上司への報告・連絡・相談、係内の職員との情報共有を心がけています。
Q2現在の仕事内容について教えてください。
A現在は主に、本学のホームページに関する業務を行っています。各ページの構成をまとめた資料を作成するとともに、内容やデザイン等について先生方や各部署の担当者、業者の方と随時打合せを行っています。意見の相違など調整が難しい場面もありますが、よりよいホームページになるよう努めています。また、大学紹介パンフレットの制作や、各種イベントの広報活動及び写真撮影、見学対応なども行っています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A毎年地域の方を対象に行っているJAISTフェスティバルに、広報係として初めて携わったことです。フェスティバルの開催に向け、ポスターやパンフレットの制作に関わり、自ら足を運んでポスターの掲示や、地元情報誌への掲載依頼など広報活動全般を担当しました。初めての業務に戸惑うこともありましたが、当日は前年度を上回る1400人以上の来場者があり、達成感を感じることができました。
Q4今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A広報係の業務は学外の方と関わることも多く、大学について質問される場面も多々あるので、どんな時でもしっかり説明できるよう、大学に関する知識をもっと充実させていきたいと思います。また、大学の業務はとても幅広いので、これから様々な業務を経験し、色々な角度から物事を見て判断できる力を身につけたいです。