東海・北陸地区 国立大学法人等 職員採用試験

仕事案内

事務系仕事案内

事務組織は役員会と一体となって国立大学法人等のマネジメント及び教育研究支援を行うプロフェッショナル集団です。

総務企画業務

法人の司令塔として組織を運営し、教職員を育成する業務を行います。

総務

  • 総務、企画調整
  • 役員会等重要会議の企画運営
  • 広報活動
  • 式典、行事
  • 情報公開
  • 法務、訴訟
  • 危機管理
  • 同窓会支援

企画・評価

  • 将来計画、大学改革
  • 中期目標、中期計画、年度計画
  • 大学評価 (外部評価、自己点検評価)
  • 業務改善推進

人事・労務管理

  • 人事管理
  • 人材育成、能力開発、人事評価
  • 人事戦略、人事制度設計
  • 人件費管理
  • 給与、諸手当
  • 労務管理、安全管理
  • 福利厚生

職員の声

石川 琴巳

情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 管理部 総務企画課 人事・労務係
(採用年度:2020年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A 教職員の採用や退職に係る事務手続きを主に担当しています。また、職員の勤務時間報告の確認、職員研修の受講管理、職員の健康や所内環境の整備のための安全衛生委員会の開催等のルーチン業務のほか、教職員の兼業依頼、年末調整、クールビズやハラスメント防止の案内、各種調査等について都度対応しています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A 複雑だと思われるような事務手続きであっても、相手に分かりやすく案内することで、明確に伝わるよう心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A 新設の研究室の先生から助教を1名採用したいと相談を受け、候補者の条件や採用希望時期などを伺い作成した募集要項をもとに、全国の研究機関・大学・学会合わせて90近くの機関にお知らせして、約3ヶ月間の教員公募を行ったことです。選考結果を待って引き続き採用に関する業務も行いますが、どのような教員を採用するかは研究室の運営に関わる大事なことなので、こうした業務に携われたことを誇らしく感じました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A 国立大学法人等職員は、私が採用される前に想像していたよりもずっと幅広い業務がありました。配属された部署により教職員や学生との関わり方も様々ですが、目の前の仕事を一つ一つ積み重ねていくと、少しずつ組織や人のことが分かってきて、自分が組織の一員として役に立っていると実感できる場面も多くあります。研究、教育に関心のある方にはとてもやりがいのある仕事だと思います。
高橋 直紀

豊橋技術科学大学 学長戦略企画課企画調査係
(採用年度:2012年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A 主に大学の管理運営に係る重要事項を審議する戦略企画会議の運営、教員個人評価の実施に係る事務を行っています。その他にも学長戦略企画課では、学長及び理事からの特命事項の対応、文部科学省等申請プログラム等の総括、大学の教育研究の強化を図るための学内競争的経費の運営など、大学運営に関する多岐にわたる業務を行っており、大学の全体の動きをつかむ事ができます。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A ひとつひとつの業務に対して、関係法令を意識し、業務の趣旨を理解して取り組む様に心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A 昨今のコロナ禍で、本学でもテレワークが当たり前になり、多くの会議がオンラインで行われるようになりました。オンライン会議を運営する側としては、導入当初は全くの手探り状態からスタートし、慣れない機器操作に苦労の連続でしたが、最近では少しずつですが、スムーズな運営ができるようになってきました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A 近年、社会全体で「価値観」や「働き方」が大きく変化しつつあり、大学においても、業務改革はまさに待ったなしの状況です。この新しい時代を乗り切るためには、皆さんのクリエイティブでフレッシュな視点が必要です。皆さんと共に大学で働ける日が来るのを楽しみにしています。頑張ってください!
本江 眞理

富山高等専門学校 総務課
(採用年度:2019年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A教職員の勤務時間・超過勤務の集計と報告書の作成、船員健康診断の申込み・日程調整、旅費業務、代表電話・来客の対応、卒業式・入学式(商船系)のとりまとめなどを行っています。高専で働く教職員が円滑に業務に取り組むことが出来るよう、努めています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A教職員からの問い合わせに対して、公平で丁寧な対応を心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A9月に挙行した、商船学科卒業証書授与式・専攻科海事システム工学専攻修了証書授与式の業務が特に印象に残っています。新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じての実施にあたり、校内で打合せを重ねました。県や国内の状況に注意しながら準備を進めるのは、気が抜けないものでしたが、教員や他の職員と協力して無事に終えることができました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A国立大学法人等職員の業務は、教務・学生支援、研究協力、総務、財務など多岐にわたります。そのどれもが、組織を運営するうえで欠かせないものです。業務を進めるうえで法律や規則など、様々な知識が必要になりますが、日々新しいことを学んでいく面白さがあります。
鳥山 悦世

富山大学 総務部 総務・広報課 総務担当
(採用年度:2019年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A大学全体の運営や教育に係る会議(役員会や経営協議会、教育研究評議会等)の運営、式典運営、文部科学省との連絡調整や法人文書の総括管理を行っています。大学の総合窓口になっているので、学内外の様々な問合せにも対応しています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
Aこの仕事はどのような目的があって、なぜやるのか、ということを常に意識し理解しながら業務に取り掛かるよう心掛けています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A初めて担当した学位記授与式と入学式が特に印象的です。式典に関する業務は、企画から準備、挙行と一から行う必要があります。昨年の反省点を洗い出し、よりよいものにするためにどんな工夫をすればいいか考えながら準備等を進めました。最後に式場で、学生たちが感動している姿や家族や友人と楽しそうに写真を撮っている姿を見たときは、やりがいや嬉しさを感じます。そして来年もよりよいものにしようという思いが湧きます。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A大学職員の業務は学生や先生方とのやりとりが中心だと思われるかもしれませんが、教育・医療・研究など想像以上に多岐にわたります。多くのことを経験できる分、仕事も面白くなってくるはずです。私自身、これから様々な部署に配属されると思うので、どんな仕事ができるのかわくわくしています。いつかみなさんと一緒に働くことができる日を楽しみにしています!
中澤 利之

三重大学 企画総務部 総務チーム
(採用年度:平成24年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A役員会・経営協議会・教育研究評議会など大学全体の運営に係る会議、入学式・学位記授与式、学外との連絡、法人文書の管理などの業務を行っています。大学の窓口となる部署で、役員や学内の多くの部署と関わりを持ち、大学全体の概観をつかむことができます。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A大学執行部と一番近いところで業務をするため、ダイレクトに大学の方向性が伝わってきます。 役員等の思いや考えが迅速にかつ正確に伝わるよう心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A東海・北陸地区の国立大学の学長が一堂に会する学長会議が特に印象に残っています。伊勢志摩サミットが開催された場所で開催し、会議が円滑に進むよう準備をし、各大学の学長・文科省の職員等をアテンドしました。国立大学の将来像について熱く議論されたことを覚えています。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A大学の業務は教育・研究・医療など非常に広範で、職員の業務も想像以上に多岐にわたります。大学は人を育て、社会を成長させる重要な場所です。そんな場所で皆さんと一緒に働くことができる日を楽しみにしています。

財務経営業務

法人を財務面でリードするマネジメント業務を行います。

経営管理

  • 中長期財務経営計画
  • 予算の編成、配分、管理
  • 決算及び財務諸表作成
  • 財務経営分析、 経営戦略の企画実行
  • 国への概算要求
  • 外部資金の獲得戦略
  • 固定資産、流動資産の管理運用

発注調達

  • 教育研究物品等発注調達
    (入札執行、売買契約)

経理

  • 自己資金、外部資金の経理
  • 出張旅費計算
  • 授業料収納、授業料債権管理

職員の声

木部 佳奈美

福井工業高等専門学校 総務課契約係
(採用年度:2019年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A 学内で使用する物品や必要な役務の発注業務及びそれらの支払に係る入力作業が主な業務です。ペン等の消耗品から1,000万円を超える実験機器のような資産まで幅広く契約を行っています。支払の入力では締め日までに入力する必要があるので、期日に間に合うように逆算しながら業務を行っています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A 学内の教職員や学外の業者と正確なコミュニケーションを取るように心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A 初めて一般競争契約を担当したことです。予定価格が一定の金額を超えるものは一般競争契約をするのですが、随意契約とは異なり、契約までに作成しなければいけない書類が多く、時間が掛かりました。無事に契約をし、希望していた日までに納品されることができたので、とても達成感を感じることができました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A 国立大学法人等職員と一言でいっても、総務系、学生系、財務系等幅広い業務があり、どの業務も学校を運営する上で欠かせないものです。日々の業務の中で様々な発見と経験をすることができ、とてもやりがいを感じることができる仕事です。皆さんと一緒に働くことを楽しみにしております。
川田 莉穂

北陸先端科学技術大学院大学 総務部会計課調達係
(採用年度:2020年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A 主に、年間契約の契約手続きと支払処理を担当しています。通信費や水道光熱費、派遣業務の代金など多種の支払処理があります。また、入札を担当することもあります。電話応対をすることが多く、デスクワークが基本になります。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A 財務関係の業務では、ミスがないことが重要だと思います。支払伝票をチェックする際は、振込先や振込金額などにミスがないか、特に注意しています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A 初めて入札業務を担当したときが印象に残っています。入札資格の審査や、予定価格の作成など、分からないことがたくさんあり大変でしたが、先輩職員の助けもあり、なんとか準備を終わらせることができました。無事に落札が決定したときは、ほっとしました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A 大学職員は、数年ごとに異動があり、様々な業務を経験することができます。また、職場環境が良いです。休暇を取りやすいですし、体育館や図書館などの学内設備を利用できるのも良いところだと思います。皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています!
矢田 陽平

三重大学 財務部 経理チーム
(採用年度:2012年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A①共同研究・受託事業や寄附金・振興基金等の収入契約 ②請求書・振込依頼書の発行 ③入金処理・領収証発行 ④採択された科学研究費(教員による各種研究)の受入 ⑤大学入試検定料の返還等 を担当しています。 主にシステムを通じた伝票起票の比重が大きく、授業料の問い合わせ等の電話対応も多いため、デスクワークが基本です。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A担当内外を問わず、できる限り自分から業務を引き受けること、手伝えることが無いかを確認してから業務を終えるように心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A最初に配属された部署で『高大連携シンポジウム』を担当し、成功裏に終えたことです。採用されてから半年程度でふってきた大仕事でしたが、講演者・来場者の招待手続きから当日の運営準備、これまでの高大連携業務の歴史を冊子にまとめたり等、沢山のことを体験できました。特に当時のセンター長であった先生から、これをきっかけに凄く変わったと褒めてもらえたことが大きいと思います。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A大学職員はやりがいに満ちた職業であり、大学はとても働きやすい職場です。私は民間からの転職組ですが、これまでで一番上司・同僚との関係性を近く感じており、教員・職員等の立場も関係なく提案や議論ができるため、充実しています。これまでの経験で得たものを活かして、物怖じすることなく提案する姿勢を大事にしてください。
長元 良介

富山大学 財務部 経理課 契約チーム
(採用年度:平成29年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A 大学全般における専門的な技術や資格を必要とする作業の委託契約を行っています。例えば、学内の各部署から出される宅配便の一括運送業務契約や粗大ゴミの回収業務契約などが主な担当です。依頼がある部署の様々な要望を取りまとめたり、作業場所の下見として業者と一緒に構内を回ったりすることもあります。また、大学の水道光熱費・通信費の支払処理も行っており、電気や水道などの利用量も毎月確認しています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A 契約業務が円滑に進むように、依頼があった部署の意見をしっかりと吸い上げ、細かく業者に伝えることを心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A 入札業務を初めて担当した時です。入札を行うまでの間に用意すべき書類や手続きなど様々な準備をしました。入札参加希望の業者に渡す書類の作成や予定する契約金額の算出など目まぐるしい日々が続きました。時には残業することもありましたが、無事に落札して契約相手先が決まった時は、これまでにない達成感と安堵感を得たことが印象深いです。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A 大学職員と聞くと、学生さんや先生方と接する仕事だと思われるかもしれません。しかし、私のように学外の人と関わる業務を中心とする方々もいます。最近では地域のことを考えた取り組みも求められ、部署によっては民間目線も時として必要です。私は民間企業から転職しましたが、そこに負けず劣らず自分を試せる機会が多いと感じています。皆さんの挑戦したい想いを大学職員として生かしませんか?ぜひ一緒に働きましょう!
鬼頭 有里

名古屋大学 財務部 契約課 調達グループ
(採用年度:平成30年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A学内の様々な部署から依頼がある物品購入等の契約や年間契約などを主に担当しています。希望納期までに物品等が調達できるように、契約に必要な手続きのスケジュールを組み契約締結まで進めていきます。依頼のあった各部署で委員会や納品などがあるので、自分の事務室以外にも足を運ぶことがあります。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A物品購入等の契約締結までに手続きが円滑に進められるようスケジュール管理・書類処理をすることです。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
Aまだ採用されて間もないので業務を覚えることに必死です。その中でも契約課に配属され学内では研究で使用する実験機器だったり、大学運営のための物品・システムだったり様々なものが契約・購入されているのが分かりました。ここでいろいろな契約手続きを経験して学内の背景をたくさん知り、他の部署の人たちから頼りになるような職員になれたらいいなと思います。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A皆さんが想像している以上に大学の業務は様々です。私自身も働き始めて驚きました。色々なことができるようにならなければとプレッシャーもありますが、様々な仕事に関わっていくことで大学に関する知識もつき、自分ができることも多くなるのだろうとワクワクもしています。研究・教育の場が身近にあるということでとても刺激的な職場でもあります。これからの大学に興味のある方ぜひ一緒に働きましょう。

研究支援業務

「知」的資産の創出・蓄積と社会還元を支援する業務を行います。

研究推進

  • 全学研究推進戦略の企画
  • 研究拠点形成支援
  • 知的基盤整備
  • 科学技術イノベーション推進
    (ライフイノベーション、グリーンイノベーション)
  • 最先端研究プロジェクト支援
  • 研究者育成、交流支援
  • 外部競争的資金獲得支援
    (情報収集、申請、研究コーディネート)
  • 科学者研究倫理の教育

社会連携

  • 知的財産(研究成果)戦略の推進
  • 産学官連携支援
  • 共同研究・受託研究契約の締結
  • 産業界への技術移転支援
  • 地域連携支援
  • 研究広報、イベント企画

職員の声

齋木 和馬

三重大学 研究・地域連携部 地域創生推進チーム
(採用年度:2013年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A 地域拠点サテライト及び地域創生戦略企画室を基盤とし、本学の産学官連携活動を推進することです。  中でもサテライトとしては三重県南部の東紀州地域を担当し、サテライトの企画や運営に関する業務を行っています。また、サテライト以外の面でも、各企業さんや自治体さんと共同で実施する研究・プロジェクトに対するサポートを行っております。学内の他部署と比較し、ルーティーンワークが少ない部署です。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A 業務の魅力は、地元の良さを再認識し、それを外部へ発信できることです。  心がけていることは、相手方の視点に立って仕事をすることです。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A 学内での新規事業の推進です。令和3年度に、使途が裁量的な経費を元に「地域共創基盤の強化事業」という事業を課内で企画しました。地域資源の活用を進める若手・中堅教員に活動費用を助成し、地域連携活動の活性化を図る事業です。これまで前例がないため、事業の細かな制度の策定等に苦心しましたが、審査を経て助成額を得ることとなった先生から感謝の言葉を多くいただき大きな達成感を得ることができました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A 大学職員の仕事は、対外的には教育や研究への支援だけでなく社会への貢献といった側面もあり、内部においても大学全体の意思決定にも携わることもでき、非常にやりがいがあります。  また、キャンパス内は、学生さんの活気に伴い職員も気力に満ち溢れており職場環境は良好です。  個人的には、仮にもう一度就職活動をすることになっても大学職員への就職を希望すると思います。  この先、皆様と一緒にお仕事をできる日を心待ちにしております。
橘 苑実

自然科学研究機構 岡崎統合事務センター 総務部 国際研究協力課 共同利用係
(採用年度:2019年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A共同利用係では、主に共同利用研究、つまり、外部の研究者が当機構内の施設・設備を利用することや、機関内の先生方と協力して行う研究を支援する仕事をしています。具体的には、共同利用研究の募集や、申請された研究の審査の実施、採択された研究の遂行に係る事務手続きを行っています。また、研究者の宿泊施設や、研究会等の会場として使用される共用施設の管理・運営も行っています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A係まで問い合わせやご要望等があった場合には、可能な限り早く、また丁寧にレスポンスするようにしています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A研究者で構成される、研究所の運営や、共同利用研究の審査に係る様々な委員会に参加したことです。岡崎統合事務センターでは複数の研究機関の事務業務を請け負う為、様々な分野の最先端の研究に触れることができたと共に、研究所の将来についての話し合い等もあり、非常に勉強になりました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A就職活動は長く、辛いこともたくさんあると思いますが、情報収集を進めるうちに、自分が働きたい職場のイメージが少しずつ固まってくると思います。業務説明会なども活用していただき、そうした働くイメージを積み重ねていくことが、合格への近道なのではないかと思います。事務職員が携わることができる仕事は想像以上にたくさんあり、多様な仕事を経験することができます。最後までぜひ、頑張ってください。
細田 真規子

金沢大学 研究・社会共創推進部 産学連携推進課 産学官連携・社会実装係
(採用年度:2016年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A主に共同研究、受託研究の契約締結を行っています。先方との契約調整時は、研究成果の社会還元という大学の使命を念頭に置き、周囲の協力を得ながら内容確認を徹底すると同時に、早く研究開始できるよう各種手続きも進めている状況です。金額の大小等関係なく、一つ一つの研究契約は大変貴重なため、締結に至るまで迅速かつ丁寧な調整を心がけています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A大学の発展のための貴重な資金源を確保することができ、さらに、研究成果を社会に還元させる一助を担うことができる点がこの業務の魅力だと思います。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A外国企業との共同研究契約にあたり、英語による契約書作成および調整を行ったことが印象に残っています。慣れないことだったので最初はとても不安でしたが、URA、弁護士、仲介担当の日本支社の方等、様々なスペシャリストのご協力をいただき、少しずつ契約書の形になっていくのは、仕事としてのやりがいも感じましたし、ヒントをもらいながら難問を解くような楽しさがありました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A私は入職前から研究支援に興味があり、希望どおり入職から現在まで研究支援業務に携わるご縁となりましたが、まだまだ日々勉強の連続で、常に自分の進化が必要だと痛感しています。国立大学法人等職員を志す皆さまも、これに挑戦したい!あれを変えたい!という前のめりな気持ちを持って、一緒に同じ目的に向かって挑戦していけたら嬉しいです。
鈴木 崇之

自然科学研究機構 核融合科学研究所 管理部研究支援課 研究支援係
(採用年度:平成19年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A研究支援係は、科研費をはじめとする外部資金獲得や研究所で行っている共同研究の事務手続き、特許などの知的財産管理や産学官連携への取り組み、各種委員会の準備など業務は多岐にわたっています。当然、一人で対応することはできないので、係内で業務分担を行い、協力して業務を円滑に遂行しています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A研究者の研究に支障が出ないよう、できる限り迅速に対応することを心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A特許取得に向けて発明相談から携わった案件が、特許庁への特許出願、審査請求を経て、特許登録され、特許証が届いたときには達成感がありました。ただ、外部資金を獲得するためには、特許取得がゴールではなく、技術が有効活用される必要があるため、研究成果の展示・発表を行うイベントに出展するなどPR活動も行っています。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A国立大学法人等職員は、配属される分野によって様々な知識が要求され、多くの経験が積める挑戦しがいのある仕事です。一口に国立大学法人等といっても、各機関によって強みとなる研究や分野が異なるため、情報収集や機関訪問を通して、働きたい職場を見つけてください。
山田 祐実

福井大学 総務部 松岡キャンパス運営管理課
(採用年度:平成31年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A医学部における研究支援業務を行っています。主に科学研究費助成事業(科研費)を担当しており、応募から成果報告までの各種書類の確認や入金・送金に関する手続き、研究者・講座の事務担当者からの問い合わせ対応などをしています。また、応募の時期は、教員・事務担当者対象の説明会の実施や学内及び学外講師による個別指導の企画・運営を行っており、科研費の採択率向上に努めています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A間接的ではありますが、社会の役立つ研究に一員として関わることができるという点が魅力だと思います。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A採用されてすぐに行った科研費の交付申請書の確認業務が印象に残っています。科研費に関する知識がゼロの状態だったので、科研費ハンドブックなどから知識を得ながら研究者が作成した申請書を添削しました。100件近くの申請書を添削することは大変ではありましたが、研究者から「念入りにチェックしてくださりありがとうございます」とお礼の言葉をいただいた時は嬉しかったです。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A大学職員の業務は多岐にわたっており、日々学び続ける大変さもありますが、様々な知識や技術を得ることで、自分の可能性を広げることができる職場だと思います。学生支援がしたい、研究支援がしたい等皆さんのそれぞれの志望理由があると思いますが、ひとつの分野にこだわらず色々なことにチャレンジしてほしいです。皆さんと一緒に仕事ができる日を心より楽しみにしてます!

学生支援業務

教育の質向上を企画推進し、優秀な人材を育成する業務を行います。

教育支援

  • 教育支援プロジェクトの企画
  • 教育改革支援
  • 高度専門人材の育成
  • カリキュラム編成、成績管理
  • 授業評価、教育方法改善
  • 履修指導、学籍管理

学生支援

  • 学生相談、生活指導
  • 就職支援
  • 進学支援
  • 課外活動支援
  • 経済支援(奨学金、授業料免除)

入試広報

  • 入学試験
  • 入学者選抜方法の改善
  • 入試広報、学生募集
  • 高大連携
  • オープンキャンパス

職員の声

池田 真里江

福井大学 学務部 教務課
(採用年度:2020年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A国際地域学部の履修に関する業務を行っています。履修登録について学生の相談にのったり、成績管理をしたりすることが主な業務です。また、学部特有の業務として、留学の単位認定の手続きや外部英語試験の運営なども担当しています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A学生の履修状況は一人ひとり違うので、その学生に合った対応をするように心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A今年度卒業予定の学生の単位習得状況の確認作業が印象に残っています。学生ごとに卒業要件を満たしているか細かくチェックする作業は大変でしたが、学生の卒業に関わる重要な作業なので、間違いがないよう丁寧に取り組みました。要件を満たしていない学生に残りの単位を履修するよう伝えた際に、「教えてくださりありがとうございます」と言われた時は、頑張って良かったなと思いました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A大学職員は、様々な部署を経験することができるので、常に新しいことを学び続けることができます。また、部署ごとに関わる人々も異なるので、学生や先生、企業の方、他大学の方、地域の人々など多くの人々と繋がることができます。皆さんと働ける日が来ることを楽しみにしています。
藁科 成彦

沼津工業高等専門学校 学生課 学生係
(採用年度:平成26年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A現在の仕事は学生対応のほかに、高専体育大会や新入生オリエンテーション合宿研修などの学校行事の運営業務、就職活動に必要な証明書等の交付や求人票の受付処理を行っています。学校行事の時期になると体を動かすことが多く、荷物の運搬や会場下見、写真撮影を行っています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A学生対応では、学校のルールを遵守するよう、社会に出る前の学生に教育的な視点で対応するよう心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A高専体育大会や高専祭(文化祭)などの学校行事です。学生と一緒に会場設営を行ったり、準備をしたりと、学生と協力して汗を流しイベントを成功させたときの達成感は、学校ならではだと思います。特に、本校の学生が出場する高専体育大会では応援に熱が入りました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A学校事務は、学生のときはあまり馴染みがないと思います。ですが、学校事務という仕事を体験すると、先生はもちろんですが、様々な部署が学校を支えており、それぞれの部署でやりがいを感じることができます。また、毎年卒業生を見送り、新たに入学生を迎えるという刺激は仕事をする上で大きなモチベーションとなります。
楠 千紗

北陸先端科学技術大学院大学 学務部 学生・留学生支援課 学生生活係
(採用年度:平成24年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A奨学金、学費免除、学生寮、課外活動団体、健康診断など学生の生活面をサポートする部署に所属しています。私の主な業務として、学生寮の入居者募集、入退去時の手続対応、寮の備品の管理、課外活動団体の認定手続を担当しています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A毎日多くの学生と接しますが、初心を忘れず、ひとりひとりに丁寧な対応をするよう心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A4月の入学時期には入学式、新入生オリエンテーション、入寮手続、健康診断など様々なイベントがあり、3月頃からはその準備で忙しい日々が続きます。無事に入学式を迎えられると安心すると共に、新生活への期待に満ちた学生さんの様子を見て、私自身も新鮮な気持ちになりました。入学や卒業といった学生さんの人生の節目に立ち会うことができるのは、大学職員の魅力だと思います。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A人と接するのが好きな方、誰かの役に立ちたい方にとって、大学職員はとてもやりがいを感じられる仕事だと思います。また、数年ごとに部署異動があるため、様々な業務を経験することができます。部署が変わると、新しい仕事に挑戦できる面白さがありますし、大学に関する知識が増え、自分自身の成長も感じられます。みなさんと一緒に働くことができる日を楽しみにしています。
井尾 宇雄

岐阜工業高等専門学校 学生課 教務係
(採用年度:平成27年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A教務係としての仕事は、細かい点も含めると多岐にわたりますが、私は、主に履修関係・成績処理や学生の進学関係について行っています。履修関係・成績処理については、学生が正しく履修できているか、成績が正しく付けられているか確認しています。進学関係としては、大学編入学や大学院の出願に必要な書類の準備や進学ガイダンスの開催準備等をしています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A学生が聞きたいことを理解し、解決できるように心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A初めて行った時の成績確認が印象に残っています。細かいところをチェックしながら、教員が入力漏れをしていないか等確認していると、頭の中でこの作業にミスがあると学生の進級に関わってくるということを考え、不安になり、緊張感を持って行いました。年に数回ありますが、慣れるということは難しいと思うので、適度な緊張感を持って今後も慎重に取り組みたいです。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A色々な職業がある中で、人の成長に大きく関わることができる仕事は、教員や、学校の事務職員だと考えています。国立大学法人等職員もその中の一つで、学生の成長の手助けがしたいと思える人であれば、とてもやりがいのある仕事だと思います。採用までに筆記の勉強や面接の練習等大変だと思いますが、絶対に希望の機関で働きたいという強い意志で頑張ってください。私は、高専職員なので、高専希望の方がいたら嬉しく思います。
谷本 和也

富山大学 理工系事務部 理工系学務課
(採用年度:平成24年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A理学部の学生・教員の支援業務をメインで行っています。具体的には、学生や先生からの問い合わせ対応、時間割や履修手引きの取りまとめ、関係会議の資料準備や議事録の作成、教務システムの設定・入力業務、教室の管理、教員免許取得希望者への通知や事務説明会の実施、海外語学研修の手配など、理学部の教務に関して様々な業務を行っています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A学生や先生が頼りやすい存在になれるよう心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A最近本学で教養教育改革、学部改組等大きな改編があり、その準備を行ったことです。時間割や入学時オリエンテーションをはじめ様々な部分に影響があるため、あらゆる状況を想定しながら、スケジュールの見直しや新しいルール等を検討しました。学生の視点に立つため自分が学生だったときの記憶を思い起こしつつ、大学としての立場も考えながら仕事をしていて、非常に大学職員としての実感が湧いたことを覚えています。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A国立大学法人等職員は、裏方ルーチン業務ばかりの退屈な職業というイメージの方もいらっしゃるかもしれませんが、全くそんなことはありません。ただでさえ予想どおりには動いてくれない”人”と関わる仕事である上、大学全体が変革期にあり、次々と制度や組織が変わっていっており、常に柔軟な対応や新しい発想が求められます。まだまだAIには代わることのできない国立大学法人等職員という仕事を、一緒にやってみませんか?

国際交流業務

グローバルな学術交流の拠点として、法人の国際展開を企画支援する業務を行います。

拠点形成支援

  • 国際戦略の企画
  • 海外の大学等との学術交流、協定、締結
  • 国際的教育研究拠点形成
  • 地域国際交流支援

人材交流支援

  • グローバル人材育成
  • 教職員、学生の国際交流支援
  • 留学生支援
  • 国際交流シンポジウム等の開催

職員の声

伊藤 なつき

福井大学 学務部国際課
(採用年度:2020年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A 主に中・長期海外留学の学生派遣支援業務を行っています。現在は新型コロナウイルス感染症の世界的な蔓延により、学生の海外派遣を実施できていませんが、オンラインプログラムの提供やオンラインの国際交流イベントの企画などを行い、学生の国際交流に対する意欲向上のために日々取り組んでいます。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A 留学相談に来る学生のニーズに沿って、留学の種類の説明や留学可能国の提案などを行い、学生の留学へのイメージと実際の留学のイメージにズレがないよう、説明を心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A 本学の学生を、海外協定校の学生や学内に在籍する留学生と繋げ、互いの言語を使用して会話することを目的とした国際交流プログラムを企画したことです。双方の学生ともこのプログラムを通して、互いの言語を使用し、様々なテーマについて楽しみながら会話をすることができ大変良かった、と好意的な意見や感想が得られ、とても嬉しく思ったことが印象深いです。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A 大学は、学生が社会に出る前の最後の教育機関であり、多様な価値観の形成や多くの知識・経験を積むことができる場所です。どんな部署で業務するにしろ、そのような時期に一職員として携わることができるのは、もちろん苦労もありますが、その分やりがいも大きいです。数年に一度異動があるので、多くの業務を経験することができます。様々なことに挑戦したい方、自身の成長を楽しみたい方は、私たちと一緒に挑戦していきましょう!
村瀬 祐佳

国立大学法人 大学学生生活課 留学生支援室
(採用年度:2019年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A海外からの留学生の奨学金の応募、推薦、支給についての事務手続き、学内の外国人向けの寮についての業務、留学生のサポートをする日本人学生(チューター)に関する業務を主に行っています。留学生の相談は勉強のことから生活のことまで多岐にわたり、その時々で対応が異なることも多くあるため、毎日新鮮な気持ちで業務に臨むことができています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A海外から日本に来て生活する留学生にとっては、困難が良い経験になることもあると思うので、自分の支援が留学生の学びの機会を奪わないか考えるようにしています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A業務とは少し外れますが、とても印象に残っているのは卒業して帰国する留学生が窓口まで挨拶に来たことです。目に涙を浮かべながら「本当にお世話になりました」ときれいな日本語で職員に挨拶をしに来てくれた姿に胸をうたれました。私も先輩からの伝統を受けつぎ、留学生に日本に来てよかったと思ってもらえるように精一杯支援していきたいです。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A私は実際に名古屋工業大学を訪問してみて、職員の方の雰囲気を感じて、ここだ!とピンと来たので、みなさんも各機関のカラーを感じるために機関訪問に参加されることをお勧めします。大学の仕事は難しいこともありますが、その分自分の長所を活かすチャンスのある職場だと感じています。悩んでいる方はぜひチャレンジしてみてください。応援しています!
中谷 千咲

愛知教育大学 学生・国際課 国際交流室
(採用年度:平成30年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A海外からの留学生と,留学を希望する日本人学生の支援を担当しています。主な業務内容は,国や民間団体から支給される奨学金の手続きや,各種留学プログラムの実施補助,学生同士の異文化交流イベントのサポートなどです。学生が留学したり外国人と交流したりすることで成長する様子を,間近で感じられる仕事だと思います。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A様々な国の留学生と関わり多様な文化に触れることができる反面,意思疎通が難しい面もあるので,学生一人ひとりに合った的確な対応を心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A海外への短期留学プログラムの引率です。準備段階からプログラムの企画に深く関わるので業務は長期に渡りますが,学生の海外経験を近くでサポートすることができとてもやりがいを感じます。また自分自身,海外の大学職員の方とお話できる機会もあり,他国の視点から自分の仕事について考える貴重な体験をすることができました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A大学には学生や外部の目線からでは見えない様々な業務があります。各部署で多種多様な経験を積み,学内外問わず多くの方と一緒に仕事をすることができることが大学職員の魅力だと思います。人の役に立てると同時に自分も成長できるような仕事に就きたい方は,ぜひチャレンジしてみてください。
宮西 愛美

金沢大学 国際部 留学企画課 留学支援係
(採用年度:平成28年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A外国人留学生の生活をサポートしています。主な担当業務は留学生の奨学金に関することで、奨学金希望者の募集や候補者の学内選考、応募書類のチェック、支給機関への推薦、採用後の諸手続きなど多岐にわたります。文科省や奨学財団等に対して申請する「締切」が年間を通してそれぞれに設けられているため、常にスケジュールを意識しながら業務を行っています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A様々な国の学生と関わる機会があり、グローバル化を身近に感じられることが魅力です。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A10月に入学した留学生の受入れ業務です。特に国費留学生は、航空券の手配や奨学金支給用の口座開設手続きの補助もする必要があるため、学内の関係部署をはじめ文科省や旅行会社、銀行など学外の各機関とも調整しながら業務を進めました。トラブルに見舞われましたが、留学生が楽しそうに留学生活を送っている様子を見たときは安心したと共に、とても嬉しく思いました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A大学の業務は教育・研究・医療など非常に広範で、職員の業務も多岐にわたります。数年ごとに異動があるため、様々な業務を経験することができます。どのような業務であれ、好奇心を持って主体的に行動すれば自分自身を成長させることができると思います。皆さんと一緒に働くことができる日を楽しみにしています。

学術情報サービス業務

学術情報基盤を管理し、利用者へのサービス業務を行います。

図書館サービス

  • 図書館の広報、企画展示
  • 図書貸出、閲覧、配架、管理
  • 図書館利用者サービス

学術電子情報サービス

  • 電子ジャーナルの管理
  • 機関リポジトリの運用
  • 情報リテラシー教育支援

情報戦略

  • 情報マスタープラン作成
  • 情報基盤の整備
  • 情報サービスの企画
  • 情報セキュリティ管理

職員の声

坂上 征奈美

名古屋大学 附属図書館東山地区図書課西地区図書統括グループ
(採用年度:2020年度 / 試験区分:図書)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A 名古屋大学には多くの部局図書室がありそのうちの法学図書室の業務を担当しています。特に洋図書の担当で購入関係や受入を行っています。部局図書室ということで、図書室としての仕事であるカウンター業務や書架整理をしたり、講習会の運営をしたりすることもあります。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A 利用者が満足して図書館を使えるよう、ニーズの把握や現状の理解に努めています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A 大学に所属する教授や院生に対し図書館からインタビューをする機会があり、そのインタビュアー、記録係をしました。大学図書館は研究支援という役割も持ち、その面において図書館は何ができるのかを考え、また何が求められているのかをサービスの対象者から直接声を聴く機会となりました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A 私の専門は図書館情報学ではなく大学では文学部でした。実際に図書館で働いてみて知らないことも多く勉強すべきことばかりです。また大学や図書館を取り巻く環境も目まぐるしく変化していて、そのような状況に対応しなければならず、変化に対応できる・現在の課題を把握できる能力が必要だと強く感じています。勉強できる、挑戦できる職場です。皆さんと一緒に働けるのを楽しみにしています。
石井 慧海

浜松医科大学 学術情報課 情報サービス係
(採用年度:2019年度 / 試験区分:図書)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A電子ジャーナル・データベースなどの電子資料にかかわる契約業務を行っています。学生・教職員がいつでも電子資料にアクセスできる環境の整備や、閲覧方法の案内などを通じて学習・研究のサポートをしています。また、図書館ホームページの更新や展示の企画、図書や雑誌の受入、蔵書点検等を担当しています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A学生・教職員にとって使いやすい図書館にするため、利用者のニーズを常に意識して業務にあたるよう心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A展示用の机やディスプレイ用品の選定から任された企画展示の業務が最も印象に残っています。どのような展示方法が利用者の興味を引くかを考えながら、自分自身も楽しんで仕事に取り組むことができました。実際に利用者が資料を手に取ってくれたり、借りてくれたり等、利用者の反応を直接感じられたときにやりがいを感じました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A大学図書館は公共図書館よりも研究支援に携わる機会が多く、最先端の研究・開発を支える一員として働くことができます。研究支援のほかにも、教育、地域貢献、情報発信など幅広い業務を経験することができる魅力的な仕事です。みなさんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。
石川 志愛里

名古屋大学 附属図書館 情報サービス課 医学情報係
(採用年度:平成29年度 / 試験区分:図書)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
Aカウンターに出て図書の貸出・返却処理を行なったり、学生や教職員の皆様の研究・調査の手伝いをしています。その際、自館に無い資料を他の図書館から取り寄せたり、逆にこちらの資料を他機関へ提供するサービスも担当しています。また、講習会を開催して、論文の探し方やデータベースの使い方を講義したり、Webサイト・一部SNSの管理なども仕事のひとつです。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A大学で行われている様々な研究を、身近でサポートできる点が魅力です。なるべくひとりひとりに丁寧で均一な対応を心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A所蔵している資料が重要文化財に指定された際、広報室と連携して、記者発表の企画運営やパンフレット作成に携わりました。図書館の仕事は一見地味と思われがちですが、地域や社会と繋がりが深い部署でもあります。自分の関わった仕事が大学を飛び出して、社会に広く知ってもらえることがあると実感した貴重な体験でした。皆さんの思っている以上に、大学職員はさまざまな経験ができる仕事だと思います。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A図書館に限らず、大学を取り巻く環境は日々変化しています。その分、皆さんの「得意なこと」を生かして活躍できるチャンスがたくさんあると思います。「やってみたい!」と思ったことには積極的にチャレンジしていける職場です。一生懸命取り組んだ結果、学生や教職員の皆様から「助かった」「ありがとう」と言われたときは、とてもやりがいを感じます。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。
杉沢 花綾

静岡大学 学術情報部 図書館情報課 分館サービス係
(採用年度:平成30年度 / 試験区分:図書)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A学生や教職員に対して利用案内をしたり、自館に所蔵のない図書は他機関に依頼して取り寄せ、利用者に提供します。図書館の資料を使った展示を行う際には、企画から最終的なレイアウトまでを他の職員と協力して行っています。また、学生が図書館での活動をする上で必要な物品の準備をします。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
Aどんな仕事の中でもアンテナを張り、学生のためのサービスに繋げられるよう心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A〈哲学〉をテーマに図書の展示を行ったことです。一人で企画・選書を始めたのですが、最終的には他の教職員の方々にも大いに協力してもらい、無事形にすることができました。もっと色々な方面との「協働」がしてみたいと思えた企画です。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A図書系職員の応募枠は少ない上、実際に働いてみるまでは仕事内容もよく分からず不安を感じる方が多いかもしれません。しかし、入職してから自分のペースで着実に育っていける職場なので、あまり事前に気負う必要は無いかと思います。自らの専門性を大切にしつつ、誰かの研究を応援する気持ちがあれば、やりがいのある仕事です。

医療支援業務

高度先進医療を担う附属病院の管理運営業務を行います。

総務・企画

  • 附属病院の総務企画、広報
  • 診療科長会議等重要会議の運営
  • 将来計画、病院評価
  • 地域医療連携支援
  • 医療法規、医療訴訟
  • 危機管理

人事・労務管理

  • 人事、労務管理 (医師・看護師・技師等)
  • 医療人材育成
  • 医療安全、福利厚生

経営管理

  • 病院経営支援 (経営分析、経営改善策の企画実行)
  • 国への概算要求
  • 高度医療基盤整備
  • 医薬品等の発注調達、入札執行

医療事務サービス

  • 診療報酬請求
  • 外来、入退院受付
  • 医療相談
  • 医療情報の管理
  • 料金収納
  • 診療債権管理

職員の声

酒井 優弥

富山大学 病院事務部病院総務課臨床研修チーム
(採用年度:2020年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A 富山大学附属病院で勤務している研修医に関係する業務を行っています。具体的には、研修内容の調整業務、勤怠管理、イベント・セミナーの運営が主な業務です。また、学生に対し、富山大学附属病院の魅力を発信する業務など、幅広い業務を行っています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A 迅速かつ丁寧な仕事を行い、信頼関係を築けるよう真摯な姿勢で業務に取り組むよう心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A 医師と学生とのコミュニケーションが取れるイベントの運営を主担当として業務を行ったことが一番印象に残っています。学生からのニーズを調査し、そのニーズにあった講演や経験談等を話してもらえるよう医師の先生方との調整業務を行いました。不慣れな部分もありましたが、有意義なイベントであったと数多くの意見をいただき、頑張って良かったなと思うと同時に、来年は今年以上のイベントにできるよう、より頑張ろうと思いました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A 大学職員の業務は幅広く、やりがいに満ちた職業だと思います。多くのことを経験出来る分、働いていく中で大変な事もありますが、優しく教えてくれる上司や先輩が沢山いるので、とても心強いです。ぜひ多くの分野に挑戦してみてほしいです。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。
岩本 夏実

名古屋大学 医学部・医学系研究科医事課 外来係
(採用年度:2019年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A外来診療の運営全般に関わる業務を行っています。主な業務として、予防接種や産婦健診等の役所との契約業務や、外来担当医師一覧表の作成、各種会議の運営等を行っています。事務職員以外にも医師や看護師など多職種の方や学外の方とも仕事をする機会があるため、日々多くのことを学んでいます。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A幅広い職種の方や患者さんなどとお話する機会があるため、常に丁寧な対応を心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A300人程度の医師の指定医申請を担当したことが印象に残っています。制度が始まって以来、初めての更新期間にあたり、多くの医師の申請を行うことになりました。始めは戸惑うこともありましたが、医師や役所からの問い合わせに対応していくうちに、理解も深まり、しっかりと答えられるようになった時に、自分の成長を感じ嬉しかったのを覚えています。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A大学職員の仕事は広範囲にわたるため、違った環境で多くの経験を積むことができます。もちろん最初は不安に感じることもあるかと思いますが、一緒に働く上司や先輩が様々な部署で多くの経験をしているので、とても心強いと思います。幅広い分野で仕事ができる点は大学職員の魅力の1つでもあるので、あまり心配しすぎずぜひ多くの分野に挑戦してみてほしいです。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。
中野 佑里佳

金沢大学 病院部 医事課 収入管理係
(採用年度:平成30年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A患者さんから支払われたお金の確認や管理を行っています。主に、未払いとなっている診療費の回収業務を担当しています。具体的には、未払いのある患者さんに書面や電話で通知したり、様々な理由で一括では支払えないという患者さんに対しては、今後の支払いの予定について相談をし、ともに支払いの計画を立てることもあります。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A患者さんの話をしっかりと聞いて、誠実で丁寧な対応をするように心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A入院患者さんの中には、病室から支払窓口まで歩いて行くのが難しいという方もいらっしゃいます。そういった場合に、病室まで入院費を直接受け取りに伺うことがあります。初めてその対応をした時には緊張のため事務的な対応をしてしまいました。しかし、何度か対応するうちに、笑顔で対応することができるようになり、患者さんから何度も「ありがとう」と言ってもらえたことが、とても嬉しく、印象に残っています。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A大学職員の仕事と聞くと、まず学生や教授と関わることを想像されるかと思います。私自身、配属が発表されたときには、医療の知識が全く無いため不安でいっぱいでしたが、仕事をしていく内に、患者さんからの質問にも答えられるようになりました。大学職員は、様々な業務に触れることができ、自分自身の成長を日々感じることができる仕事だと思います。みなさんと働ける日を楽しみにしています。
坂口 啓

三重大学 医学・病院管理部 医事課 診療案内係
(採用年度:平成22年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A附属病院で初めて診察するにあたって、患者さんはどのように診察を申し込むのか、その受診方法に関して案内するなど、電話での対応を行っています。また、患者さんが自宅で使用する在宅医療機器の契約業者と機器を使用する患者さんについての確認・連絡業務、産科婦人科で出産される患者さんの保証制度に関する書類等の確認業務、返戻、過誤返戻の再請求に関する業務等を行っています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A電話対応等の業務を行う中で、患者さんに誤った情報を伝えないこと、誤解を与えないことを心がけています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A在宅医療に関する業務の中で、小児在宅医療支援部会に参加していますが、支援部会は実際に、医療に従事する先生方や看護師の方々が連絡・報告事項を確認される部会であり、普段は経験できないような実際の現状について議論されており、医療従事者でない自分にとっては、難しいと感じた以上にそのような部会に参加すること自体に驚き、他の部署では得難い経験をさせていただいていると思っています。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A大学の職員というと、学生さんや先生方に関わる業務というイメージが強いかと思います。ただ、それ以外にも自分のような業務に就く職員もおり、様々な業務を行っています。言い換えれば、それ程業務の多様性を感じられるのも大学の職員の特徴の一つであり、先生方だけでなく、事務職員、技術職員の方々等も含めて大学が成り立っており、やりがいのある仕事だと思っています。いつか一緒の職場で働くことがあることを楽しみにしています。