仕事紹介

職員の声

富山大学

川井 和香沙

富山大学 学術情報部 図書館情報課

採用年度 平成26年度
川井 和香沙

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1  自分が知らなかった幅広い分野の本を手にすることが出来る点が魅力だと思います。
Q2 現在の仕事内容について教えてください。
A2  日常の業務として、購入依頼のあった図書の受入・登録・装備や、購入した図書の支払をしています。また、書庫にある図書の目録登録や寄贈図書の受入登録を行っています。この他には、期間ごとに特定のテーマを決めて、テーマに沿った本を紹介する企画展示や、図書館ニュース「LiLi」の編集に携わっています。
Q3 印象に残っている業務を教えてください。
A3  新入生を対象とする「図書館ツアー」という図書館の使い方に対するガイダンスです。大勢の前で話をする経験があまりなかったので、初回はとても緊張しました。人に説明をする時は、説明する対象についてしっかり知っておかないといけないと実感しました。図書館ツアーは毎年開催されるので、レベルアップ出来るよう心がけたいです。
Q4 今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4  大学図書館で働いて感じていることは、昔から積み上げられてきた知識と、日々更新されている新しい情報の両方が必要とされているということです。学問のための施設である大学において、そういった知識や情報を使いこなすために勉強し続けることが大切だと思います。より俯瞰的に物事を捉え、利用者の方にとって利便性の高い図書館にするため、図書館に関する多様な業務を経験していきたいと考えています。

舟田 真也

富山大学 研究振興部国際交流課

採用年度 平成21年度
舟田 真也

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることを一言で表すと何ですか?
A1 世界中の方との交流が魅力ですが、そのために必要な情報収集を常に心がけています。
Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2 国や県、民間財団等の国際交流事業に関する業務を担当しています。学内通知→申請→採択→その後の事務手続という流れになりますが、特に申請の段階では、研究者から提出された申請書類が、審査基準に沿った記載となっているかについて念入りにチェックします。また、日本語が苦手な外国人研究者の方には、事業について英語で説明します。その他にも、安全保障輸出管理に関する業務を担当しています。
Q3 印象に残っている業務は何ですか。
A3 研究助成のポスターを見ている外国人の方がいたので声をかけたところ、彼は留学生で、大学院修了後も本学で研究を続けたいので、そのための助成金を探しているとのことでした。彼にぴったりの募集があったので紹介したところ、見事採択され、彼は今本学の外国人客員研究員として研究を続けています。採択の通知が来た時には、ハイタッチをして喜びました。また、指導教員とも喜びを分かち合いました。
Q4 今後チャレンジしたいこと、やってみたい仕事は何ですか。
A4 現在は研究者の交流支援をしているので、今後は留学生の交流支援がしたいです。文部科学省留学生交流室やサンフランシスコ州立大学国際交流部での研修経験を活かして、優れた短期留学プログラムの企画にチャレンジしたいです。サンフランシスコでの研修でお世話になった方の、「職員も教育者」という言葉を大切にしながら、職員だからできることをいつも考えるようにしていきたいです。

学生達が大学生活をより充実したものにできるようバックアップしたい。
そうしたつながりから信頼関係が築けたときにやりがいを感じます。

大町 雄介

富山大学 学務部 学生支援グループ 学生支援チーム

採用年度 平成16年度
大町 雄介

Q&A

Q1 現在の仕事内容を教えてください。
A1

 現在,私が担当する業務は大きく分けて2つ。1つは全学の「課外活動」の支援に関すること。もう1つは五福キャンパスの学生会館・体育施設の利用調整・維持管理に関する業務があります。私が在籍する五福キャンパスでは体育系・文化系合わせて100近い公認サークルが存在します。自己の人間形成に資することを目的に学生達が課外活動を行い,大学生活をより充実したものとできるようバックアップをすることが業務の根幹であると考えます。

Q2 印象に残っている業務を教えてください。
A2

 4月に当部署へ配属された数日目に入学式後に開かれた新入生対象の課外活動展示ブースの担当を任されたことです。状況が呑み込めない中,上司や学生達に助けられ,無事に終えることができました。業務によってはあまりに規模が大きく,とても一人で対応できるものばかりではありません。大学祭や北陸地区国立大学体育大会等の行事がまさにそれにあたりますが,それをどう周囲をまきこんでやり遂げることができるかが今後の課題です。

Q3 仕事の魅力ややりがいは何ですか?
A3

 私が国立大学法人に採用されて9年近く経ちますが,学生支援の業務に就くまで,学生に接する機会があまりありませんでした。
 しかし,この部署に配属されてからは学生はもちろんのこと,教員や他部署の様々な方と業務を通じて知り合うことができました。窓口には学生が色んなことを相談しに来ます。何度も顔を合わす学生についてはキャンパス内ですれ違う時などに挨拶を交わすことも多々あり,信頼関係がそのような目に見える形になって現れるとやりがいを感じます。

Q4 今後の目標は何ですか?
A4

 当面の目標としては大学祭,主管大学として北陸地区国立大学体育大会,学生交歓芸術祭を滞りなく実施すること。長い目標としてはこれまで医療事務,外部資金,学生支援を経験しましたが,更に様々な業務経験を積み,新たな知識を深めることで物事に柔軟に対応できるよう,そして何より楽しく働いていきたいと思います。

より使いやすい図書館にしたい。

図書館ツアー、広報活動をはじめ、

新しいこと、自分がやりたいこと

思ったことにチャレンジしています。

赤祖父 真季子

富山大学
学術情報部 図書館情報グループ
(五福キャンパス 中央図書館)

採用年度 平成21年度
赤祖父 真季子

Q&A

Q1 現在の仕事内容を教えてください。
A1

図書館サービスや利用に関することを全般的に担当しています。具体的には、カウンターでの利用者対応や、他図書館等との図書の貸借など、図書館や資料利用に直接関わる仕事です。特に力を入れていることは、学生向けの利用説明会や文献入手法講習会の充実です。また、図書館ニュース「LiLi」の編集に関わっています。

Q2 職場の雰囲気を教えてください。
A2

新しいことや、自分がやりたいと思ったことにチャレンジできる職場だと思います。また、事務室では、図書館業務に関わる職員が同じ部屋にいるので、すぐに疑問点を確認したり、気軽に打ち合わせが行われたりします。人数が少ないこともあって、いろいろな業務を経験しますので、大変な時もありますが、とてもやりがいのある職場だと思います。

Q3 印象に残っている業務は?
A3

1年のうちで特に忙しいのが、4月からの数か月です。この時期に新入生向け図書館ツアーを行っています。ツアーが始まるまでは、先生方と日程を調整し、内容を具体的に考え、配布資料やスライドを作成します。限られた授業時間の中で実際に館内を案内し、資料の使い方・検索の基本を説明し、貴重書(ヘルン文庫)の見学も行うという盛りだくさんの内容となっていますので、担当者以外の図書館スタッフの協力が欠かせません。たくさんのツアーを実施するのは大変ではありますが、学生アンケートや引率の先生方からの意見をとり入れて改良を重ねてきました。そして、広報にも力を入れることで年々質量ともに良くなっていると実感しています。

Q4 今後の目標は何ですか?
A4

長い目標としては、図書館をもっと使いやすくしたいと思っています。そのためには、まず図書館業務や資料に対する知識が必要です。また、日々進化するウェブサービスや、学習環境に関する新しい知見を積極的にとり入れる必要があると感じています。しかしそれだけではありません。学生や教員をはじめとする利用者への学習・研究支援という視点を忘れずに、学内の各部署や図書館に関わるさまざまな人たちとも協力していきたいと思います。

教員一人ひとりが研究にかける思いを大切に

 私は,競争的研究資金の1つである科学研究費助成事業(科研費)関係の業務を中心に担当しています。教員が作成する研究計画調書等の確認・取りまとめや,科研費を使う上での様々な相談の対応,事務局内や各部局との連絡調整等を行っています。

 仕事をする上では,教員一人ひとりが研究にかけている思いを大切にすることを心がけています。例えばその研究計画調書は,多くの教員から提出されたものの1つかもしれませんが,その教員が研究者としての人生をかけて書き上げた内容と強い思いが込められたものに違いありません。そういった思いを受け止め,丁寧に説明する,すぐに対応する等,職員としてできることを誠実に取り組みたいと思っています。

 今後,研究支援業務に携わる職員には,研究環境の整備を含め,研究活動の推進全体に主体的に関わっていくことが求められます。広い視野を養い,資金の獲得傾向や学内の優れた研究の状況等の把握に努め,いつか大学の研究推進戦略に対して有益な提案ができるようになるのが,私の目標です。

日水 栄

富山大学 研究振興部 研究振興グループ

日水 栄