仕事紹介

職員の声

鳥羽商船高等専門学校

德田 敬明

鳥羽商船高等専門学校 総務課 調達係

採用年度 平成21年度
德田 敬明

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1 教職員と業者の間に入り調整を行う際は、迅速かつ的確に情報が伝わるよう心がけています。
Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2 本校の調達係では、消耗品・備品・資産等物品の契約だけでなく、役務契約など全ての契約業務を行います。また、購入した資産・物品の管理及び処分や光熱水費の支払いのためのメーター検針も行います。その他、校内の物品・設備に故障等があったときの業者への修理連絡や自ら応急処置等を行います。契約を行った物品等の伝票作成業務も日常業務です。
Q3 印象に残っている業務は何ですか?
A3 本年度契約を行った教育用電子計算機システム一式の契約業務です。この契約は、政府調達契約でしたので官報での入札公告や入札説明会、落札情報の官報掲載まで行い、契約業務経験の浅い私にとって、一連の流れを把握する良い機会となりました。また、各大学等への実績照会やボリュームのある物品の予定価格の作成など、これからの契約業務を行うためのスキルを身につけることができました。
Q4 今後チャレンジしたいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4 現在の業務に携わってまだ半年くらいですが、校内の設備や物品等様々なことについて、幅広く知ることができました。また、同じ課の財務・経理係、施設係と連携し仕事をすることが多いので、本係の仕事だけでなく、関連部署の業務についてもアンテナを張って把握に努め、広い視野をもって他の部署とも連携して業務に取り組んでいきたいと思っています。

信頼される事務を目指して

 私が所属している人事労務係では、教職員の採用・人事、労働時間管理、給与・諸手当、共済、兼業、研修、労働安全衛生などの業務を行っています。

 このような広範囲な業務に対応するには、幅広い知識が必要となります。例えば、教職員から諸手当について問い合わせがあった場合、その教職員の状況にあわせて必要な書類を、所定の期限までに速やかに提出するよう正しく案内しなければなりません。曖昧な知識でいたために、適切な対応ができず、教職員に事務手続き上の負担をかけてしまったこともありました。日常業務と並行して、専門知識を習得する時間をもつことが難しい時期もありますが、業務を計画的に行い、優先順位をつけることで空いた時間等を利用して知識の修得に努め、教職員に正確かつ迅速な対応ができるよう心がけています。

 現業務は幅広く学べるという点で、個人としてのスキルアップにつながると思っています。今後は、より効率的に業務が行えるような業務環境の整備にも取り組みたいと思っています。

石川 好美

鳥羽商船高等専門学校 総務課 人事労務係

石川 好美