仕事紹介

技術系仕事案内

技術系職員とは

大学等のキャンパスには講義棟、実験研究棟を始め、図書館、附属病院、体育館など様々な施設があり、それに関わる職員の業務も多岐に渡ります。技術系職員は、それぞれの専門知識を活かし、施設の計画、管理や教育・研究の支援等、技術的立場から大学などの活動・運営に関わっていく仕事を行います。
また、技術系職員は、大きく施設系の職員と研究支援系の職員に分けることができ、それぞれで業務内容が異なります。
各国立大学法人等でどちらの分野の職員を募集しているかは、各人事担当部署に直接問い合わせてください。

施設系職員の仕事とは

職員の声
よりよいキャンパスづくりを、総合的にマネジメント

大学等では、教育・研究の基盤である施設について、キャンパス全体にわたる長期的展望の確立、建物、設備等の整備計画の企画・立案、設計・積算、施工監理及び維持・保全や点検まで、建設プロセスのすべてをマネジメントします。
仕事は大きく建築・土木系、電気設備系、機械設備系(給排水・空調)に分かれ、教育・研究環境の水準を守っています。研究者等と連携を図りながら、専門性を活かせる業務です。

主な職務内容

○施設整備の調査・点検及び企画立案
○建物、設備等の整備計画、設計、施工監理、検査
○建物、設備等の維持保全、管理、運営
○建物、設備等のエネルギー計画、管理
○建物、設備等の保全計画
○データの蓄積・活用
○工事、役務契約
○キャンパス環境保全、管理

キャンパスづくりのプロセス
施設実態調査 どのような建物があるのか?必要なのか?まずは現状チェック。
施設長期計画の作成 どのようなキャンパスにしていこうか?長期的視野に立った全体計画創り。
企画立案、予算要求 いざ!!夢の実現に向け予算の獲得だ
基本設計、実施設計 平面Plan・デザインや細部ディティールに渡る繰り返し繰り返しの検討。
積算、入札、契約 電卓、コンピュータとの格闘の末、工事価格を算出し、やっとの思いで契約。
施工監理 夏は汗を拭き拭き、冬は震えながら、工事の進捗や品質をチェック。
施設等の完成 これまでの苦労が走馬燈のように思い起こされる。
維持保全、改修 手塩にかけた施設などを良好な状態に保つ大切な仕事。
(プリメンテナンスや基礎データの蓄積)

研究支援系職員の仕事とは

職員の声
専門知識を生かし、高度化・複雑化する研究をサポート

科学技術の高度化・国際化の中において、大学等は最先端を担う創造性に富んだ教育・研究が行われています。これらの教育・研究は研究者のみでは行うことができません。研究に不可欠な実験装置の開発、データの解析や施設の安全管理など、技術をもって、研究を支えている多くの技術者がいます。また教育の面でも学生の実験実習や安全管理の指導も行っています。
高度な技術を取得し、研究者と密接に連携をとりながら、創造性豊かな技術開発を目指す業務です。

主な職務内容

○各種実験データの測定・処理・分析
○教育・研究の技術支援
○学生の実験・実習の技術支援・指導
○研究・実験用機器や装置の開発・設計・管理・運用
○各種資料の作成・管理
○機器操作方法等の技術指導