仕事紹介

職員の声

静岡大学

佐藤 翠

静岡大学 国際交流課 国際学生交流係

採用年度 平成23年度
佐藤 翠

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1  国際交流の業務の魅力はグローバル化の最前線を体感できること。
Q2 現在の仕事内容について教えてください。
A2  留学生に関わる仕事をしています。海外協定校からの留学希望者の募集や渡日にかかわること、奨学金の申請や応募に関すること、留学に関する調査の学内の取りまとめなどを行います。海外と書類をやりとりすることも多いため、スケジュールを調整して計画的に仕事を行うことが大切です。
Q3 印象に残っている業務を教えてください。
A3  来日する学生を迎え入れ、これから留学生活を始める瞬間に立ち会うことは大きな喜びです。留学生の迎え入れは学内はもちろん文部科学省や旅行会社とも調整しながら業務を進めます。飛行機が定刻通り飛ばないなど想定外のトラブルが起こることが多く、気を使うことも多いですが、学生が無事に留学生活を始める現場に立ち会えることに達成感を感じます。
Q4 今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4  目下の目標は語学力をあげること、学生と交流する機会を増やし気軽に相談できる雰囲気を作ることです。  大学事務の仕事は多岐にわたり、異動があるとまったく違う仕事内容になることもありますが、いろいろな業務を経験することが必ず次の業務に活かせる職場です。与えられた仕事をこなすだけでなく、チャンスを生かして積極的に取り組んでいきたいと思っています。

大学で活動する人たちのことを常に考えながら、快適な施設整備の仕事をしていきたい。

荒井 裕佳

静岡大学 財務施設部 施設課

採用年度 平成24年度
荒井 裕佳

Q&A

Q1 なぜこの仕事を選びましたか?
A1

 大学や病院が好きで、そこで活動する人々が快適になるような仕事がしたいと思いました。また、建物に幅広くかつ長期的に関わる事ができることも大きな魅力です。大学には様々な用途の建物があります。そして建物の計画から予算要求・設計・積算・工事・保全まで一連の流れに関ることができるのは大学ならではだと思います。学生等ユーザーの近くで仕事ができることに大きなやりがいを感じます。

Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2

 少額の修繕「施設何でも相談」(建具・防水・鍵等)と便所改修工事を担当しています。少額修繕は業者への発注・学内外の調整業務が主ですが、自分で直しに行くこともあります。便所改修工事では、現場調査、プラン作り、設計図書の作製、積算、工事監理を先輩方のサポートを受けながら担当させていただいています。工事中は工期の中で安全に、なるべく教育研究活動に影響がないように気を配る事も大切な仕事だと感じています。

Q3 仕事での失敗談、苦労話を教えてください。
A3

 学んだ大学では建築系の学科にいましたが、実務に関する知識の少なさを日々思い知らされています。上司・先輩の打合せに同席させていただいた時、聞きなれない用語だらけで何の話をしているのかさっぱりわかりませんでした。うんうんと分かったような顔で聞いていて、後で席に戻ってからパソコンでカタカタと鬼のように調べました。今思うと周りから見透かされていただろうと思い、恥ずかしいです。

Q4 今後の目標は何ですか?
A4

 学生・教職員が生き生きと活動する姿が好きなので、使う人の事を常に考えながら施設整備の仕事をしていきたいです。課内外から信頼されるように、①専門を深める事②施設課外とのつながりを大切にする事③どんな時でも楽しく仕事をする事を日々の目標にしています。将来的には専門性を深めながらも施設の仕事を広い視野で考え、発信できるようになりたいです。

留学経験を通じて

大きく成長していく学生達。

その姿を間近で見られたことは

幸せな経験でした。

佐藤 美子

静岡大学 国際交流課 国際学生交流係

採用年度 平成18年度
佐藤 美子

Q&A

Q1 現在の仕事内容を教えてください。
A1 主に海外協定校からの交換留学生の受入れと、留学生奨学金に関する業務全般を担っています。留学生受入れに関しては、海外協定校への募集にはじまり、応募書類の確認・取りまとめ、部局担当者や協定校担当者、留学生との連絡調整等を担当しています。留学生奨学金については、選考委員会の開催及び選考用資料作成等を担当しています。
Q2 職場の雰囲気を教えてください。
A2 国際交流課は人数も少なく、こぢんまりとしているので、非常にアットホームな雰囲気です。国際交流センターの先生方と協力をして業務をすすめていくことが多いのですが、先生方もとても優しく、人間的にも尊敬できる方が多いです。毎日、楽しく仕事をしていますし、仕事が楽しいということは幸せなことだとも思っています。
Q3 印象に残っている業務は?
A3 昨年の夏に、学生の夏季短期留学(カナダ)に引率として同行したことが印象に残っています。所属学部も学年も異なる学生同士が3週間一緒に過ごすことによって、強い絆で結ばれていく姿、カナダでの経験を通じて大きく成長していく姿を間近で見られたことは、幸せな経験でした。3週間一緒に過ごして帰国をし、解散をする際に学生が寄せ書きをしたメッセージカードをくれたのですが、それが本当にうれしくて大学職員になって本当によかったと思いました。彼らとは今も交流が続いていますが、私が仕事をしている姿を見て大学職員という仕事に興味を持ってくれる学生もいて、それもうれしいことの1つです。普通に生活をしていたらあまり接点のない若い世代の学生達と触れ合うことによって、自分にとってもプラスになる良い刺激を得られることも大学職員の利点だと思います。
Q4 今後の目標は何ですか?
A4 まずは語学力をもっと身につけることです。カナダの夏季短期留学引率から帰ってきて以来、何度かTOEICを受験しているのですが、目標点数がまだクリアできていないし、最近、学生と勝負をしているので負けたらかっこ悪いという気持ちもあります。あとは、仕事を楽しみたいと思います。学生にとって、大学職員は身近にいる社会人なので、私達がつまらなそうに仕事をしていると働くということに対してプラスのイメージが持てないのではないでしょうか。仕事って楽しそうだなと思ってもらえるようになりたいです。

知的財産権の活用を目指して

 現在私は、産学連携支援課で、大学で保有している知的財産権の管理事務に携わっています。知的財産権と一言でいっても、その内容は特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権と多岐にわたり、業務を進めていく上で、学内の取扱規則や特許法・著作権法等の法令の習熟が必要となりますので、日々の業務が学びの連続です。

 知的財産権の中でも、業務の大半を占めるのが特許の管理で、教員からの発明届を端緒とし、国内・外国での権利化を目指して、毎年100件程度の出願を行っています。各案件で研究の背景が様々なので、学内の教員や共同出願人、特許事務所との意見のすれ違いがないように、関係者とは綿密にコミュニケーションを図るように心がけています。

 今後は、大学が育てた知的財産権を各方面で積極的に活用してもらい、幅広く社会に還元できるよう、その一翼を担っていきたいと思います。

尾形 嘉則

静岡大学 学術情報部
産学連携支援課 知的財産係

尾形 嘉則