仕事紹介

職員の声

名古屋工業大学

黒田 幸輔

名古屋工業大学 研究支援課 産学官連携係

採用年度 平成21年度
黒田 幸輔

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1  民間企業等の外部との調整業務が多いため、丁寧かつ迅速に対応することを心がけています。
Q2 現在の仕事内容について教えてください。
A2  主に民間企業との共同研究契約締結業務を担当しています。企業担当者との契約内容の調整や担当教員への連絡、必要に応じて報告書の作成を行います。また、テクノフェア等の教員の研究成果発表に関するイベントの際は、運営スタッフとして参加します。
Q3 印象に残っている業務を教えてください。
A3  教員の研究成果の展示・発表のイベントであるイノベーション・ジャパンにスタッフとして携わったことです。多くの企業が教員の出展ブースへ訪れ、教員のシーズと企業のニーズについて話し合う様子を見て、大学が社会から必要とされていることを実感しました。
Q4 今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4  現在、国立大学は独自の産学官連携活動を推進していくことを求められております。共同研究・学術指導といった既存制度については認知度を高め、より多くの企業に利用して頂くことが重要であり、諸制度について、現状のニーズに適応したものへ改善し大学貢献を行いたいと思います。また、知的財産に関連した業務を行うことも多い部署ですので、知的財産への理解も深めていきたいです。

山本 幸平

名古屋工業大学 技術部 装置開発課

採用年度 平成21年度
山本 幸平

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1 装置の設計・製作はこの人に聞けば大丈夫 と信頼される職員となること
Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2 全学共同利用施設のものづくりテクノセンターにて、主に初心者を対象とした利用者の安全を確保するための各種安全講習会の実施、センター利用者自身で行う加工の補助や技術相談、研究室等からの委託製作を主とした仕事を行っています。また、中学生を対象とした地域貢献事業のテーマスタッフや学内の技術研究発表会の開催や技術報告集の発行を行う広報部門の委員長を担当しています。
Q3 印象に残っている業務は何ですか?
A3 採用の約半年後に合金鋳造用のステンレス製鋳型一式を製作しました。機械工作は未経験での採用だったため、技術がとても未熟で、今振り返るとこうすれば良かった・・・と思う箇所もあります。製品は今でも現役で稼動しており、自分自身の仕事のモチベーションと原点を確認できる仕事として印象に残っています。その他には、医療用のロボットアームの部品製作や、歩道の凹凸測定機の設計製作が印象に残っています。
Q4 今後チャレンジしたいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4 これまでは切削加工や放電加工を主とした部品製作、試料の委託製作、センター利用者の加工支援を中心に業務を進めてきました。しかし、これらの加工のみでは学内からの幅広い要望に対して、利用者の支援、委託加工の両面で提案できる技術領域や内容に限界が出てくるため、今後は各種装置の機構設計や組立て調整の技術、各種アクチュエータ取扱い、制御技術、溶接技術、工具の標準加工条件から外れる場合の加工技術の習得に挑戦したいと考えています。

大学という学問を追究する場で、研究者・学生の力になりたい!と思ったのがこの職場を選んだ理由です。

白井 結

名古屋工業大学 人事課 労務係

採用年度 平成24年度
白井 結

Q&A

Q1 なぜこの仕事を選びましたか?
A1

 大学は高度な水準の学問を追及する場です。その研究や学びに貢献したいと思ったのが大きな理由です。名工大には意識の高い研究者・学生が多く、彼らの力になりたいと思いました。また、名工大は地元愛知のものづくりを支え、リードしていく大学でもあります。地元を応援したい気持ちもあり、この職場を選びました。

Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2

 育児・介護休業手続き、教員の兼業手続き、健康診断の実施、団体生命保険取りまとめ、財形貯蓄事務等を担当しています。教職員の研修など、係全体で業務分担する必要があるときは、研修会場の設営や配布物の準備をすることもあります。
 また、他課から、教職員の服務・勤務時間・休暇関係の問い合わせがあれば、就業規則に則って対応します。

Q3 仕事での失敗談、苦労話を教えてください。
A3

 私の所属する人事課労務係は、他課からの問い合わせが多いところです。「○○休暇はいつから何日取得できるか」「入試業務に従事したときの労働時間はどうなるか」など、休暇や勤務時間に関するものです。就業規則や法律等を確認して回答しますが、個々のケースにより回答が異なるという場合が多く、その都度規則を読み直しています。規則・法律を正しく解釈し、分かりやすく説明することに、毎回苦労しています。

Q4 今後の目標は何ですか?
A4

 今は若手として、何でも経験し、先頭に立って動くことを意識しています。今後は係あるいは課全体を見回して、その中での自分の役割を考えながら動ける中堅職員になりたいと思っています。

大型設備の管理・測定は試行錯誤の連続。
失敗からも学び、知識、経験を増やしながら日々精進していきたいです。

山﨑 陽子

名古屋工業大学
技術グループ 技術企画チーム

山﨑 陽子

Q&A

Q1 現在の仕事内容を教えてください。
A1

主に大型設備基盤センター(以下センター)のEPMA室とXRD室で所有している10台の装置の保守・管理・測定を行っています。また技術グループ業務の地域貢献事業「ものづくりに挑戦!」の委員会メンバーをしています。

Q2 職場の雰囲気を教えてください。
A2

センター専任の技術職員室に在席しています。担当している装置により異なりますが、20~50代の幅広い職員が在席しています。センター専任以外の技術職員の方は月1回の技術グループのチーム会議や技術グループ業務などで会います。

Q3 印象に残っている業務は?
A3

東海・北陸地区国立大学法人等技術職員合同研修( 物理・化学コース)の担当装置の実習担当になったことです。他大学の機器分析装置に精通している方々が受講対象でしたので、私は担当装置について知識が浅くとても不安でした。実習準備のため、試料探しから測定まで一から先輩に指導を受けたり、参考書で調べるのは思っていた以上に大変でし
た。しかし、装置や装置に適した試料作製など、より理解するよいきっかけとなりました。なかでも通常業務では行わない試料作りに時間がかかり何度も失敗してしまいましたが、結果的に満足できる試料が出来たので嬉しかったです。これからも試料作製や測定で失敗をすることがあると思いますが、二度と繰り返さないようにすることはもちろんのこと、それをきっかけに学ぶことも多いと思いました。

Q4 今後の目標は何ですか?
A4

担当装置に関しての知識を増やすことです。学生や教員、学外のお客様から質問された時にわからないことや答えに自信がないことがあります。現在は自分の力では解決できないことは前任者の先輩やメーカーの方に頼ってしまいますが、経験を増やして対処出来るように日々精進していきます。また専門分野以外でも必要と感じる資格や講習会がある場合、積極的に受けていきたいと考えています。