仕事紹介

職員の声

金沢大学

藤本 貴大

金沢大学 財務部 財務企画課 予算係

採用年度 平成21年度
藤本 貴大

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1  学生の成長や研究の発展など大学全体を財務面から支えていくやりがいのある仕事です。
Q2 現在の仕事内容について教えてください。
A2  国への概算要求、学内予算の編成・配分・決算など、学内予算全体に係る業務を行っています。大学では教育・研究・診療・社会貢献など様々な活動を行っていますが、どれも予算なくしては実施することができません。1年間の収入・支出の見積もりを立て、限りある財源をいかに計画的かつ効果的に使用できるかを検討し、学内の様々な基盤的経費の確保や大学の強みとしていく取組に対して予算措置を行っていく仕事です。
Q3 印象に残っている業務を教えてください。
A3  大学運営の財源である運営費交付金を国に要求する概算要求です。第3期中期目標期間から、各大学の強み・特色を踏まえた機能強化の方向性に応じて、交付金が重点配分されることとなりました。その要求にあたり、本学の強み・特色を生かしてどのような機能強化を図っていくかについて、役員をはじめ研究・学務・国際・産学連携・総務など様々な部署と日夜議論を重ね、要求資料を大学一丸となって完成させたことが印象に残っています。
Q4 今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4  現在は予算に係る業務を行っていますが、財務経営には予算以外にも発注調達・経理・出納・資産管理・財務分析など様々な業務があります。それらのうちまだ経験したことのない業務に携わり、より広範な財務知識を身につけたいと今は考えています。第3期中期目標期間を迎え、大学は更なる改革を求められています。その改革に職員として臨機応変に対応できるよう、今後も様々なことを学んでいきたいです。

田村 拓也

金沢大学 国際機構支援室 国際交流係

採用年度 平成24年度
田村 拓也

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1 この業務の一番の魅力は、海外出張を含めた海外とのやり取りだと思います。
Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2 本学はアメリカのタフツ大学と連携して、教員・学生・職員のそれぞれの特性に応じた英語力を強化するプログラムを行っておりますが、このプログラムに係る一連の事務作業や、タフツ大学とのやり取り等を行っております。タフツ大学とのやり取りでは、メールだけではなくビデオ通話も使用し、緊密に連絡を取り合って良好な関係を保つことで、誤解を招いたり、齟齬をきたさないように気をつけています。
Q3 印象に残っている業務は何ですか?
A3 1週間のベルギー・ドイツ出張で、協定校や金沢市の姉妹都市であるゲント市役所を訪問し、今後の協力拡大等について話し合った業務は初の海外出張だったこともあり、とても印象に残っています。また、2週間のアメリカ出張における、協定校のタフツ大学での業務もとても印象に残っています。特に、タフツ大学での業務は、すべて自分自身で考えて行動しなければならない場面が多く、大変でしたがとてもやりがいがありました。
Q4 今後チャレンジしたいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4 現在の業務に関しては、海外に行く機会や英語を話す機会があれば積極的に取り組みたいです。また、大学で行われる教育・研究等の結果は短期的に有効性等を判断することが難しいと思いますが、前の部署で担当していた財務分析の手法を活かして、客観的なデータ分析による業務の改善等にも挑戦してみたいです。また、知的財産の分野にも興味があるので、機会が与えられればそのような分野にも挑戦してみたいです。

新家 左希子

金沢大学 情報部情報企画課図書情報係

採用年度 平成25年度
新家 左希子

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることを一言で表すと何ですか?
A1 多言語図書や古書などの難しい購入依頼にも精一杯の対応を心がけています。
Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2 図書情報係では大学全体の図書購入を行っており、研究室からの購入依頼図書の発注・受入・目録を担当しています。購入した図書は受入し、大学の資産として登録(目録登録)を行い、ラベルやバーコードを貼付するなどの装備を行います。 その他、寄贈図書の受付・整理や、書誌(タイトルや著者などのデータ)の調整を行っています。また、図書館の広報委員会にも参加しています。
Q3 印象に残っている業務は何ですか。
A3 年3回ほど開催される選書部会に出席しています。選書部会では図書館委員の教員と職員が図書館のコレクション構築の方針や予算配分等を話し合います。普段自分が担当しているよりも大きな規模での業務の話は大変印象深いです。 現在はまだ記録係として出席しているだけですが、今後図書館のコレクション構築に寄与したいと思っているため、参加することがとても参考になっています。
Q4 今後チャレンジしたいこと、やってみたい仕事は何ですか。
A4 現在は購入依頼のあった図書を発注するだけですが、今後、図書館のコレクション構築など、図書を選定する側として図書の購入に関われたらと思います。 また、図書・雑誌の購入等の業務を十分に経験した後には、利用者と直接関わるサービス部門(情報サービス課)の業務にも携わりたいです。

「技術的なことは技術職員におまかせ。」を広めたい。
自分が担当することにより、システムが「便利になった」「安定した」と言っていただけるのがうれしいです。

濵 貴幸

金沢大学 理工研究域

採用年度 平成18年度
濵 貴幸

Q&A

Q1 現在の仕事内容を教えてください。
A1

 採用当初は、所属した学科が所有するコンピュータ実習室のシステム管理が主でした。現在ではこれに加え、学内ネットワークの設計やその管理、各種サーバの構築と管理、ウェブサイトやウェブアプリの作成など、情報システムに関するあらゆる業務に携わっています。また、学生実験や演習での指導も担当しています。

Q2 印象に残っている業務を教えてください。
A2

 いろいろあるのですが、これまでに3件の政府調達での仕様策定やシステム構築に携わったことです。その中でも、学内ネットワークの基幹部分を設計できたことは、とてもよい経験になりました。とくに無線LANシステムは、私の設計を基に学内ほぼすべての建屋に整備され、好評のサービスとなっています。またこれらの業務を通じて、他部局の技術職員と部局を超えた密な連携ができるようになったことは、今も私の財産です。

Q3 仕事の魅力ややりがいは何ですか?
A3

 その気になれば自分の知識や経験を生かして、活動のフィールドをどんどん広げられることです。以前までは情報システムの設計や構築は、教員が担当することが常でした。採用当初はこのあたりを任されることは少なかったのですが、いまではそれらのほとんどを担っています。私が担当することにより教員や事務職員から、システムが「便利になった」、「安定した」と言っていただけるのがうれしいですね。

Q4 今後の目標は何ですか?
A4

 「技術的なことは技術職員におまかせ。」をもっと広めることです。たとえば情報システムでは、過剰な性能や使いにくいものが導入されたのを見て、ひと言相談してくれればと歯がゆい思いをすることが多いのです。技術職員というのは学内でもマイナーな存在なのですが、このようなことを減らすためにも技術職員の存在感を高め、技術を通して大学の利益に供しやすい環境を築きたいです。もちろんそのためには自己研鑽と後進の育成が不可欠と考えています。

大学経営に貢献する

 国立大学病院は、高度医療の提供や医療者の教育等の重要な役割を果たしています。一方で、大学及び病院の経営を取り巻く環境は年々厳しくなっています。

 このような環境のもと、我々事務職員と医療スタッフとの協働による病院経営改善が求められています。

 病院内には電子カルテを始め膨大なデータが蓄積されており、それらを集計・分析したものを様々な会議等で報告しています。執行部による経営方針や診療科による診療方針の決定にも影響するため、非常に責任の重い仕事です。

 また、病院の業務効率化や病院収入の増につながる材料を求め、日々努力をしています。そのためには診療報酬や医療現場の業務内容を理解することが欠かせません。このような仕事にはマニュアル等は無く、スピードと臨機応変な対応が求められます。大変なことも多いですが、自分自身の能力も向上し、結果が出た時には大きな達成感が得られます。

 予算や人員のかなりの部分を占める附属病院の経営改善は大学全体にも大きな影響を与えるため、非常にやりがいを感じる職場です。

寺井 譲

金沢大学 病院部 経営管理課 経営分析係

寺井 譲

学生・教員が行き交う職場環境。
エネルギーに溢れ、賑やかな職場です。

市橋 侑子

金沢大学 角間北地区事務部
学生課 学務第四係

市橋 侑子

Q&A

Q1 現在の仕事内容を教えてください。
A1

講義室の予約、P C やプロジェクター等の機器の貸出・管理、時期によっては時間割表の作成や、成績表の配付等も行います。主に窓口応対や電話応対ですが、デスクワークばかりということはなく、入試やオープンキャンパスの時期になると、会場設営など体を動かす仕事も多くなります。

Q2 職場の雰囲気を教えてください。
A2

学務は学生や教員が多く出入りする場所なので、賑やかなことが多い
です。
自分ひとりでは判断が難しいことは係内で相談したり、大規模な業務は分担したりする等、職員同士で協力しながら仕事に取り組んでいます。わからないことは先輩や上司に聞くととても丁寧に教えてくださいますし、和やかで働きやすい職場です。

Q3 印象に残っている業務は?
A3

1年目で大学院の入試業務を担当したときには、初めての入試業務で不安だらけだったのを覚えています。教員や学生から入試のことについての質問や相談を受けた時にすぐに答えることができないこともあり、まずは自分自身がその仕事についてしっかり把握し、次に何をしなければいけないか、何が必要か、といった先のことを常に考えながら仕事をしなければいけないなと思いました。わからないことがあればすぐに上司や先輩に確認・相談することができ、周囲の方に助けていただきながら無事終えることができましたが、実際に業務に取り組んで気付いたこと、もっとこうすればよかったなと感じたことは忘れずに、次に生かしていきたいと思います。

Q4 今後の目標は何ですか?
A4

教員や職員の方から安心して仕事を任せていただけるように、一つひとつ丁寧に仕事をしていきたいと思います。また、日々学務の仕事をする中で勉強不足だなと感じることがよくあるので、様々な業務を経験する中で、周囲の方に教えていただくこと、自分自身で気付いたことを大切にしながら仕事に取り組み、自分の仕事に関する専門知識に限らずいろいろなことを吸収していきたいと思います。