仕事紹介

職員の声

核融合科学研究所

長尾 智里

自然科学研究機構 核融合科学研究所 管理部 総務企画課 総務係

採用年度 平成19年度
長尾 智里

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1  どこよりも早く情報が入る部署なので、自分から必要な情報をキャッチするよう心がけています。
Q2 現在の仕事内容について教えてください。
A2  研究所代表電話への対応、郵便物の仕分け、職員の出張書類の確認といった日常的な業務から、各種調査への回答、研究所の重要会議・式典等の開催、オープンキャンパス等の広報活動等といった定期的な業務まで、多種多様な仕事を行っています。
Q3 印象に残っている業務を教えてください。
A3  10月に開催したオープンキャンパスです。半年以上前から実行委員の選出、テーマ決めを行い、月に1~2回開催する実行委員会において今年のイベント内容を議論しながら準備を進めました。何度も校正を重ねて完成したチラシやポスターが、学校や駅等に掲示されているのを見かけた時はやりがいを感じました。全職員の協力により迎えた当日は、来場者の方に「楽しかった」「来てよかった」といった声を掛けていただくことができ、達成感を味わうことができました。
Q4 今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4  "誰もが部分的にしか知らない仕事"を、"誰もが全体像を把握できる仕事"に変えることに挑戦したいです。現在の業務でいえば、例えば出張手続きや規程・規則の整備について、業務の流れを調べて、誰が見ても分かるようにまとめたいです。私たち事務職は、数年単位で他の部署に異動していきますが、人が変わっても、仕事はステップアップ・次につながるよう、小さなことでも改善の視点を持って日々の業務に携わっていきたいと考えています。

渥美 公太

大学共同利用機関法人自然科学研究機構核融合科学研究所管理部施設・安全管理課施設保全係

採用年度 平成25年度
渥美 公太

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることを一言で表すと何ですか?
A1 自分の行った仕事が形になるところが大きな魅力だと思います。
Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2 主な業務として電気・通信・防災設備の保守や、改修工事の発注があり、また研究所内の省エネルギー対策にも携わっています。電気設備関係だけではなく、建築や機械設備についての知識も少なからず必要となるので大変なこともありますが、今まで知らなかったことを学べる良い機会でもあり、日々やりがいを感じながら業務を行っています。
Q3 印象に残っている業務は何ですか。
A3 採用直後の右も左もわからない時期に任せられた、入札関係資料のチェックです。公共工事一つを行うにあたって、どれだけの書類が必要になり、どれだけ厳密な審査確認を必要とするのかなどを知ることができ、自分は公的な資金を扱う立場にいるのだと、比較的早い時期に認識することができたのではないかと思います。
Q4 今後チャレンジしたいこと、やってみたい仕事は何ですか。
A4 なかなか機会がないとは思いますが、建物の新営工事に携わってみたいと考えています。想像するだけで大変な仕事だと思いますが、非常に達成感のある仕事だと諸先輩方から伺っていますので、私もその達成感を味わってみたいと考えています。

専門的知識の習得、

採択傾向の研究を行い、

教員と共に、

競争的資金の獲得を

拡大していきたいです。

曽我 志保子

自然科学研究機構 核融合科学研究所 管理部 研究支援課 研究支援係

採用年度 平成20年度
曽我 志保子

Q&A

Q1 現在の仕事内容を教えてください。
A1 主に、科学研究費補助金(科研費)を中心とした競争的資金についての業務(応募・申請・報告書のとりまとめ等)を担当しています。他にも、受託研究や寄附金などの外部資金に関する業務や共同研究委員会の補助業務も担当しています。
Q2 職場の雰囲気を教えてください。
A2 一般的な大学と比べると、研究所の規模は小さいですが、その分、職員同士や研究者との垣根も低いように感じます。研究者というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、気さくに話しかけてくれる人も多くいます。
Q3 印象に残っている業務は?
A3 今年の4月にこの部署に異動になってすぐに、科研費の交付内定と交付申請書の提出がありました。初めて担当する業務で右も左もわからない状況にもかかわらず、提出期限までの日数が少なく、研究者からの質問も次々と舞い込んできます。すぐに回答することができないため、時間をもらい、マニュアルを読んだり前任者や関係部署に相談したりして一件ずつ対応していきました。たまに、早合点をして結果的に手間を増やしてしまうこともありましたが、提出書類が無事に完成し「ありがとう」と言ってもらえた時は、やはりうれしく思いました。 また、研究協力業務は担当係と研究者間のみで完結するものではなく、お金にかかわることがほとんどなので、財務担当者との連携が欠かせません。必要なファイルの共有とともに、連絡を取り合って情報の共有に努めています。
Q4 今後の目標は何ですか?
A4 関連予算縮小の折、競争的資金や外部資金の獲得は、研究者だけでなく各機関にとって非常に重要になってきます。私は物理学の専門教育を受けたわけではないので、研究の詳しい内容について理解することはできませんが、過去の応募書類や採択傾向などを研究して、競争的資金の獲得拡大に貢献したいと考えています。