仕事紹介

職員の声

浜松医科大学

小池 聖矢

浜松医科大学 医事課 診療報酬請求係

採用年度 平成28年度
小池 聖矢

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1  医療職の方と関わる中で、医師目線での考え方を知ることができるのは事務職員にとってプラスだと思います。
Q2 現在の仕事内容について教えてください。
A2  私の係では主に診療報酬の請求事務を行っています。診療費用は患者負担分と保険給付分からなりますが、このうち保険給付分を審査機関に対して請求しています。全ての請求が認められればよいのですが、中には認められないものもあります。これを通知する書類が毎月送られてくるので、その処理を行い、各診療科に通知することが現在の業務です。
Q3 印象に残っている業務を教えてください。
A3  認められなかった請求については再審査を申し立てることができます。診療録などから診療行為が正当なものであったことの根拠を集めるのですが、上司や委託業者の方、診療科の先生など様々な人と協力して行います。結果として再審査が認められればとても嬉しいですし、認められなくてもその経験は自分の成長につながっていると思います。
Q4 今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4  医療系知識が全くなかったので、まだまだ勉強しなければならないことは多くあります。現在、病院受付や会計事務などを業務委託しているのですが、委託している業務について分かっていないことが多いのでもっと理解を深めていきたいと思っています。

野原 幹生

浜松医科大学 施設課 保全係

採用年度 平成15年度
野原 幹生

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1 設備に不具合が発生した時、その設備がより長持ちできるような修繕計画の立案に心がけ ています。
Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2 主な業務としては、大学・病院の機能を維持するために、設備全般の管理をしています。 設備の使用時間を考慮して、修繕や点検の日程調整を関係部署と行っています。また、エネ ルギー管理を行っており、設備運用の見直しなども行っています。
Q3 印象に残っている業務は何ですか?
A3 経年劣化している給水設備の取替を病院機能を停止させることなく、終えることができた ことです。取替を行うために、予算要求の理由作成から契約書類作成などと多くの業務があ り、大変でしたがとても印象に残っています。
Q4 今後チャレンジしたいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4 今以上に、機械設備の知識を深めて、設備の維持管理に努めていきたいと考えています。また、担当業務だけにとどまらず、必要な知識を身に付けて、応用ができるようにしていきたいと思っています。

榊原 早由里

浜松医科大学 病院経営支援課病院調達係

採用年度 平成22年度
榊原 早由里

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることを一言で表すと何ですか?
A1 現場と業者の間に入る際は、双方の連絡等が迅速かつ適切に伝わるよう努めています。
Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2 病院調達係では、主に附属病院の消耗品・備品等の購入、契約に関する業務を行っています。私は物品調達業務の他に外来・病棟にある物品(医療機器等)の修理に関する業務や、光熱水費の支払伝票作成業務等を行っています。
Q3 印象に残っている業務は何ですか。
A3 通常業務ではないのですが、先日、病院での災害訓練が行われました。病院調達係としては、緊急時の物品調達が主ですが、訓練中は、医師・看護師の方々に混ざってトリアージの手伝いを行いました。訓練ですが、患者様に対応する医師・看護師の方々の対応する場面を直接、 目にして、自分も命のやり取りをする現場に関係していることを改めて感じ、身の引き締まる思いでした。
Q4 今後チャレンジしたいこと、やってみたい仕事は何ですか。
A4 病院調達係の前は会計課出納係に所属していました。同じ会計関係の仕事ですが、今の部署は病院という現場により近い環境で、事務職以外の方や外部の方とも接する機会が多く、毎日新鮮な気持ちで仕事をしています。今後も現場に近い部署で自分の仕事の幅を広げていけたらいいなと思っています。

仕事が大変なときに仲間が助けてくれた。
協力しあって仕事をする大切さがわかりました。

小畔 徹也

浜松医科大学 研究協力課 研究協力係

採用年度 平成24年度
小畔 徹也

Q&A

Q1 なぜこの仕事を選びましたか?
A1

 大学生の時に学務課等の職員と触れ合い、大学の雰囲気が好きになり、その中で仕事をしたいと思いこの仕事を選びました。就職活動の時に大学事務のことを調べてみると、学生を相手にする学務課以外にも、研究者を相手にする研究協力課や、病院関係の事務をする医事課があることがわかり、学生の頃には知らなかったような大学の組織がわかり、大学事務の仕事に更に興味を持ちました。

Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2

 主に国の競争的資金である科学研究費助成事業(科研費)関係の事務をしています。応募の時期には、教員から提出された研究計画調書を確認し、その後教員の獲得した科研費の申請・実績報告等の取りまとめを行っています。
 他には学内の研究支援資金への公募・採択業務を行っています。

Q3 仕事での失敗談、苦労話を教えてください。
A3

 科研費の公募の時期には教員から提出される300件近くの研究計画調書をチェックします。昨年の公募の時には他の職員と3人で調書のチェックをしていたのですが、途中で一人が病気で休んでしまいました。残業をして乗り切るしかないのかと思いましたが、他の職員が自分たちの仕事の時間を縫って私の手伝いをしてくれました。その時ようやく一人よがりで仕事をするのではなく、協力しあって仕事をすることの大切さがわかりました。

Q4 今後の目標は何ですか?
A4

 運営費交付金が削減されている中、研究者が獲得する競争的資金の間接経費等が大学を支える大きな財源になっています。科研費を獲得するためのセミナーの企画に力をいれたり、事務作業をもっと効率的に進め、研究者がより研究をしやすい環境を整えたりして、科研費等の獲得に貢献したいと思っています。また、まだまだ勉強不足な点が多いので仕事の中で様々なことを吸収して自分の力にしていきたいです。

大学の建物は私達が作っています。

 私が所属している施設課は、大学の土地・建物に関する仕事を取り扱っている部署です。土地開発、建物の建築工事・改修工事・維持管理などで必要になる、企画・設計・施工監理等の様々な業務をチームで行っています。

 中でも施設課の技術職員は、主に建築・電気設備・機械設備の専門職に分かれ、それぞれの視点からより良い大学を作るために共同で事業プランを立てて協力し合って仕事をします。

 私が担当している機械設備は、空調・給排水・都市ガス・(病院なら酸素や笑気の)医療ガス等を取り扱い、これらを皆さんが安全で快適に使用できるようにしていく事が求められます。

 例えば工事の設計は、実際に使用する大学(or病院)スタッフからよく使い勝手を聞き、法規・設計基準、省エネルギー、ライフサイクルコスト・メンテナンス性等も加味し注意深く行います。

 企画から携わり、私達の「こんな建物にしたい」という思いが実現した時の手応え・感動は大きいです。

 また近年では、大学でも災害対策が大きく取り上げられており、益々私達の仕事の重要性が唱えられています。勿論私達も現在これに取り組んでいます。

 心から「大事な仕事」だと思える、良い仕事です。

柿原 克治

浜松医科大学
施設課機械係

柿原 克治