仕事紹介

職員の声

岐阜大学

松岡 麻由子

岐阜大学 施設環境部 施設整備課 建築係

採用年度 平成27年度
松岡 麻由子

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1  自らが設計・施工監理したものが形となって残ることが魅力です。ただ、失敗したものも残ってしまうため、常に責任感と緊張感を持って業務に取り組んでいます。
Q2 現在の仕事内容について教えてください。
A2  主に学内施設の改修、補修工事の設計、積算、施工監理業務を行っています。施設に不具合が発生した際には速やかに原因を究明し、緊急修繕の対応を行うこともあります。また、大学の機能を維持するために、定期的に点検を行い、不具合が発生する前に修繕を行うという予防保全の取り組みも行っています。
Q3 印象に残っている業務を教えてください。
A3  平成28年に発生した熊本地震の際、熊本大学にて災害復旧支援業務に携わったことが印象に残っています。施設の被害に対する復旧予算の算定やその根拠資料の作成など事務的な業務が中心でしたが、実際に被害にあった施設を目の当たりにし、自分の勤めている大学は地震などの災害に対して十分に安全性を確保できているか、災害時に職員としてどのように対応したらよいのかを考えるきっかけとなりました。
Q4 今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4  施設の工事や維持保全業務は建築担当だけで行うわけではなく、電気担当や機械担当などと協力して行うことになります。今後、建築の専門知識だけでなく他担当の知識も習得することで理解不足を補い円滑な業務遂行に努めていきたいです。

電子ジャーナルやデータベースの利用者に最適なサービスを提供できることが目標。研究や教育の役に立つことがやりがいです。

竹田 深佳

岐阜大学 学術国際部 情報サービス課 受入・目録係

採用年度 平成13年度
竹田 深佳

Q&A

Q1 現在の仕事内容を教えてください。
A1

 電子資料や雑誌の契約全般を担当しています。具体的には、次年度に契約・購入する電子ジャーナル・データベース・雑誌の契約手続き、利用統計の集計、図書の発注などを行います。雑誌所蔵データと館内雑誌の管理なども一部担当しています。また、館内の増改築にともなうワーキンググループの一員として、増改築中・増改築後の利用者サービスについて検討しています。

Q2 印象に残っている業務を教えてください。
A2

 データベースや電子ジャーナルの契約のため、入札を実施しています。入札に関する仕事は毎回緊張しますが、無事に終わると達成感があります。
 また以前関わっていた館報の作成では、教員や学生さんから思いがけない視点から書かれた原稿をご寄稿いただき、興味深く拝読しました。

Q3 仕事の魅力ややりがいは何ですか?
A3

 図書館に限らず大学職員の仕事全般に言えることかもしれませんが、自分の関わった仕事が学生・教員の学習・研究に直接・間接的に役に立つことです。現在仕事の中心となっている電子ジャーナルやデータベースは、利用者が使用しているところを直接見る機会は滅多にありませんが、利用統計で利用数が増えているのを見るとよかったと思います。

Q4 今後の目標は何ですか?
A4

 提供しているサービスの過不足について、情報を収集・的確に分析し常に見直すことによって、利用者に最適なサービスを提供できるようになることが目標です。提供しているサービスについての広報にもまだまだ工夫の余地があると思いますので、色々な機会に広報すること、効果的な広報手段を確保したいと思っています。また、目の前のことだけに気を取られがちなため、広い視野と好奇心を持った職員になりたいです。

国際交流業務の醍醐味

 大学には、世界各国から研究者や留学生等が、毎日のように教育や研究のために来学します。彼らの大学滞在中のお世話やお手伝いは、国際交流の大切な業務のひとつです。彼らと接するとき、大学はひとつの国際社会なのだと実感します。

 日本の一般的な習慣や常識では予測できない事態が起こったり、英語も日本語も通じなかったり、思うように仕事が進まないこともしばしば。そんな中での業務遂行ですから、こちらも柔軟な対応が求められます。

 大変だと思いますか。いいえ、これは国際交流業務の醍醐味なのです。だからこそ様々な国の文化や価値観の違いに触れることができますし、そうして得た知識や経験によって、国際的な視野や感覚が広がるのです。

 また、海外からの様々なお客様に対応するために状況に応じた国際マナーを学んだり、必要な語学力も身についたりと、業務をしながら自己啓発にも繋がります。

 私は、国際交流の担当となって3年になりますが、「多様性の受容」、「為せば成るように成る」をモットーに、この特殊な職場環境の中で、やりがいを感じながら、業務に取り組んでいます。

野村 友里

岐阜大学 学術国際部 国際企画課 国際交流係

野村 友里

"病院を支える一職員だ"という自覚。
医療スタッフと議論を重ね、より良い病院運営を目指しています。

藤田 茉耶

岐阜大学 医学部附属病院
医療サービス課 医事係

藤田 茉耶

Q&A

Q1 現在の仕事内容を教えてください。
A1

病院は、診療報酬という収入で成り立っています。私は、診療報酬の請求から入金までの処理を担当しています。医師等の医療スタッフが診療を行い、それを診療報酬として請求するのです。通常はデスクワークですが、窓口で患者さんと接する機会も多いです。

Q2 職場の雰囲気を教えてください。
A2

医師・看護師・医療事務等、様々なスタッフが出入りしています。毎日多くの患者さんが来院され、窓口のすぐ裏にある私たちの部屋は、一日中にぎやかです。楽しく愉快なメンバーで、冗談も飛び交います。病院内を駆け回ったり、カルテ庫整理などの力仕事をしたり、みんな心も体もとてもたくましいです!?

Q3 印象に残っている業務は?
A3

医事係に配属され半年がたった頃、移植に関する会計ルールを見直すことになりました。患者さんや会計スタッフから、ルールが曖昧だとの意見が出ていたからです。まずは、会計スタッフと問題点について整理し、次に、他の病院に連絡をとり、状況を調査しました。その結果をもとに、医師との話し合いを進めました。医師の診療内容と密接に関わる仕事なので、医師の意見を大切にしなければなりません。また、患者さんに直接影響があるので、分かりやすいものを心がけました。診療報酬請求について少しずつ学び始めたばかりで、とても難しい課題でしたが、医師や会計スタッフと何度も話し合いを重ね、やっと形になったときは、とても嬉しかったです。

Q4 今後の目標は何ですか?
A4

まずは、担当している診療報酬請求の知識を深め、「病院を支える一職員だ」という自覚を持って仕事に取り組んでいきたいです。病院内には、本当に色々な仕事があります。今は、病院経営の分野にも興味があります。今後、色々な経験を積み、幅広い視野を持てるようになりたいです。そして、仕事もプライベートも両方充実させることが、私のポリシーです。長く楽しく仕事を続けていきたいです。