仕事紹介

職員の声

福井大学

平岡 まりな

福井大学 学務部 教務課 教務第二係

採用年度 平成25年度
平岡 まりな

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1  学生の声を大切にしながら、充実した修学環境を整えることを心がけています。
Q2 現在の仕事内容について教えてください。
A2  教育学部の教務全般を担当しています。成績管理やカリキュラムの作成、履修指導、資格証明書の発行などです。また、教務に関する委員会の開催や、社会人向けの学習プログラムである履修証明プログラムの運営、学校図書館司書教諭講習の実施にも携わっています。
Q3 印象に残っている業務を教えてください。
A3  学部が新しくなった年には、新しい学部運営のために準備を行いました。旧カリキュラムから新カリキュラムへ円滑に移行できるように調整しながらの時間割作成や、新科目のシステム登録など、大切な節目の仕事に気が引き締まる思いでした。入学式ではオリエンテーションを担当したのですが、受け入れの準備をしてきた新入生の顔を一人ひとり見ながら話ができたことが嬉しく、これからもしっかり支援していきたいと強く感じました。
Q4 今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4  日本の高等教育の在り方が変化する中、大学を取り巻く環境も変化していると感じます。目の前の仕事ばかりについ目を向けてしまいがちですが、本学が取り組むべき教育改革の方向性などを考えていけるよう、情報を取り入れながら、柔軟で多様な視点を身につけていきたいです。学生や保護者の方、教員や他の部署で働く職員との信頼関係を大切にしながら、グローバル社会で活躍できる人材を輩出できるよう、日々努力していきます。

山田 大史

福井大学 病院部 経営企画課 経営企画係

採用年度 平成25年度
山田 大史

Q&A

Q1 この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A1 「自分の顧客」を常に意識し、顧客の立場になって物事を考えるように心がけています。
Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2 病院の経営改善に関する企画・立案や、病院の中期目標等のとりまとめを行っています。病院経営に関する分析結果や改善策を検討する場として、毎月経営戦略企画部会という会議が開催されており、この会議に提出する分析結果や改善策を日々模索しています。また、当課に関係する調査のとりまとめや他課との連絡・調整などの業務を行うこともあります。
Q3 印象に残っている業務は何ですか?
A3 福井大学医学部附属病院の30周年記念誌を作成したことが印象に残っています。記念誌を作成する中で、普段関わりが無い部署との連絡・調整、外部業者との打ち合わせ、議事録の作成等、貴重な経験をすることができました。OBの方の寄稿文を校正する中で、病院の移り変わりを感じられたことも印象深い体験の1つでした。最終校正が終わり、30周年記念誌が納品された時は、大きな達成感を感じることができました。
Q4 今後チャレンジしたいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A4 病院経営の改善に繋がる企画等を、数多く提案していきたいと考えています。現在、国立大学は改革を求められており、病院も例外ではありません。今後病院が変化していく中で、診療報酬請求額の増額、経費削減等、経営改善も併せて行う必要があります。病院の経営改善に少しでも貢献できるよう、日々勉強し、改善策を提案していきたいと考えています。

様々な先進的教育のサポートをし、想像力と実践力を備えた真のグローバルな人材として、学生を社会に送り出すことが目標です。

梅田 かおり

福井大学 学務部 教務課 教務企画係

採用年度 平成22年度
梅田 かおり

Q&A

Q1 なぜこの仕事を選びましたか?
A1

 国立大学という、広く社会に貢献する組織で働きたいと思うとともに、グローバルな規模での仕事をしてみたいと思い、大学職員を志しました。

Q2 現在の仕事内容を教えてください。
A2

 英語カリキュラム開発や英語教育の実施等を担当している「語学センター」の事務および教員のサポートを担当しています。本学は、文部科学省の「グローバル人材育成推進事業」の採択をうけ、様々な先進的教育が実施されており、常に新しい業務と向き合っています。
 また、センター施設の国際交流スペースにおいて、日本人学生と留学生のスチューデント・アシスタントが実施する各種イベントにも携わっており、学生と接する機会も多いです。

Q3 仕事での失敗談、苦労話を教えてください。
A3

 語学センターでは外国人の教員も多いため、ことばや文化の違いから、ちょっとしたことでミスコミュニケーションが起こりやすいです。深刻な問題かと思っていたら、簡単に解決できることであったり、その逆の場合もあります。そのような問題をなるべく起こさないためにも、常に語学力とコミュニケーション能力を磨く必要性を感じています。

Q4 今後の目標は何ですか?
A4

 「グローバル人材育成推進事業」において、学生のTOEIC/TOEFLスコアの目標値を掲げています。様々な先進的教育を推し進めていくためのサポートを行うことで、学生の英語力の目標値を達成するだけでなく、本学のスローガンにもある想像力と実践力を備えた真のグローバル人材として、社会で活躍できる学生を一人でも多く輩出することが目標です。

"Team Work"と"笑顔"を大切にしています

 私は財務課において、国への概算要求や学内予算の調整・配分の業務を行っています。

 国立大学法人は、自己収入と国からの"運営費交付金"で運営を行っていますが、この交付金は毎年削減されるため、学内予算に削減努力と配分の工夫が求められます。また、交付金の中には「意欲的で特色ある大学の取組」を支援する経費が含まれているため、この資金を獲得するために予算担当者と教員が協働し、"教育(研究)プロジェクト"を仕立て上げます。

 これらは、私(専門職員)と財政企画係のスタッフ全員がワークシェアリング(work sharing)を重んじ作業を進めています。互いに"知恵"と"意見"を出し合い、共に"汗"をかくことで、そこには常に"Team Work"と"笑顔"があります。

 「財務=地味、堅い、ミスは許されない」と思われがちですが、むしろ大学の活動内容や大学が置かれている状況をお金の流れで知ることができるので、戦略や方向性を持って仕事に向き合え、やりがいがあると感じています。

堂 裕司

福井大学 財務部 財務課(予算分析)

堂 裕司

進化する大学図書館でやりがいを感じる

 大学図書館。学生時代に見えていたのは、カウンターで貸出や質問などを担当する利用者サービス業務だと思います。その他に、裏側では様々な業務がつながって利用者によりよいサービスを提供できるよう働いています。資料情報のデータベース化、発注・支払、相互利用、書架整備、利用講習、電子資料整備などがあります。

 さらに今、大学図書館の業務は進化し続けています。大学の教員の研究成果をデータベース化する機関リポジトリ、図書館資料を広く公開する展示企画、資料探しからレポート作成までを一貫して行えるラーニングコモンズといった、情報発信の拠点としての大学図書館が動き始めています。また、iPadなどの登場により電子資料と、紙資料との両方を扱う場としても情報の動きに敏感であることは重要です。

 私の所属する大学図書館では自分たちで「図書館クレド(行動指針)」を話し合い、職員が利用者サービス向上という一つの目的に向かって業務を行うようにしています。そして、自分たちの仕事が学生、教員、地域の方々の学習・研究に役立てられていることが実感できたとき、やりがいを非常に感じることができる職場です。

清水 史子

福井大学 学務部
学術情報課 学術情報係

清水 史子