東海・北陸地区 国立大学法人等 職員採用試験

機関紹介

8 国立大学法人

名古屋大学

http://www.nagoya-u.ac.jp/

「勇気ある知識人を育てる」
名古屋大学は、東山・鶴舞・大幸地区の3つのキャンパス等に所在し、9学部・13研究科、附属図書館、医学部附属病院、3附置研究所、3共同利用施設・共同研究拠点、19学内共同教育研究施設等及び附属学校を擁する世界的な研究重点大学です。自由闊達な学風の下、ものづくりの中心たる東海の地において、その基盤となる学術研究と人材育成を担い、我が国の学術・文化・産業の発展を支えてきました。世界の最先端を目指す独創的な研究活動や多分野にわたる国際展開は、刮目に値する高いパフォーマンスを示し、これまでに6名のノーベル賞受賞者を輩出しています。

  • 教職員数…5,020名
  • うち:事務職員…627名
  • 図書職員…51名
  • 技術系職員…211名

採用担当からの
メッセージ

総務部人事課(第一人事担当)
jj2028[a]adm.nagoya-u.ac.jp
052-789-2028,5808
〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町

名古屋大学は近年、世界に通じる人材の育成や、世界トップレベルの研究推進等に取り組むとともに、全学を挙げて国際化、男女共同参画、社会貢献に取り組んでいます。こうした状況の中、教員、学生だけでなく、職員にもタフな資質が求められています。名古屋大学では、「名大で働きたい」という強い意欲があり、語学力など大学が必要とする能力を有することはもちろんですが、加えて教育・研究への情熱や現状に対する問題意識を有し、次々と課題が生じる現場の中で自己のスキルを磨くことができる人材を求め、またその育成を支援します。

職員の声

鬼頭 有里

名古屋大学 財務部 契約課 調達グループ
(採用年度:平成30年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A学内の様々な部署から依頼がある物品購入等の契約や年間契約などを主に担当しています。希望納期までに物品等が調達できるように、契約に必要な手続きのスケジュールを組み契約締結まで進めていきます。依頼のあった各部署で委員会や納品などがあるので、自分の事務室以外にも足を運ぶことがあります。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A物品購入等の契約締結までに手続きが円滑に進められるようスケジュール管理・書類処理をすることです。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
Aまだ採用されて間もないので業務を覚えることに必死です。その中でも契約課に配属され学内では研究で使用する実験機器だったり、大学運営のための物品・システムだったり様々なものが契約・購入されているのが分かりました。ここでいろいろな契約手続きを経験して学内の背景をたくさん知り、他の部署の人たちから頼りになるような職員になれたらいいなと思います。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A皆さんが想像している以上に大学の業務は様々です。私自身も働き始めて驚きました。色々なことができるようにならなければとプレッシャーもありますが、様々な仕事に関わっていくことで大学に関する知識もつき、自分ができることも多くなるのだろうとワクワクもしています。研究・教育の場が身近にあるということでとても刺激的な職場でもあります。これからの大学に興味のある方ぜひ一緒に働きましょう。
杉下 雅敏

名古屋大学 施設管理部 施設管理課 機械エネルギー管理係
(採用年度:平成27年度 / 試験区分:機械)

Q1この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A依頼ごと、修繕工事やトラブル等は迅速に対応するよう心がけています。
Q2現在の仕事内容について教えてください。
A主に学内施設の修繕・改修工事の業務、大学全体の維持管理保全業務を行っています。施設に不具合が生じた際には、原因を追究し状況に応じて臨機に対応しています。また、全学的なエネルギーマネジメント(省エネルギー対策)についても、工学部等の先生方と"教職協働"で取り組んでいます。 改修工事や修繕だけではなく新営建物の設計、積算及び施工監理業務も行っています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A学内で埋設給水管から多量な漏水があり、その修繕対応が印象に残っています。修理には断水が伴い、教育・研究に支障が出るため関係者との調整が必要で、断水する時間も限られているため、想定外のことが起きた場合の対処が難しかったです。そういった経験から、一つの視点からではなく様々な視点から対策、予測や状況判断の大切さを学びました。また、トラブルが発生した時など先生方や事務職員の方々に頼られること、感謝のお言葉をいただくことが非常に嬉しく、やりがいのある業務です。
Q4今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A現在新営建物の施工監理業務で、打合せにより自分の案がそのまま採用となり、建物として形になることは達成感があります。今後も多くの新営建物の施工監理業務に携わりたいです。また、機械分野のみならず、他分野の知識を深め、様々な視点から物事を捉えられるように努めていきたいです。
藏本 沙和

名古屋大学 企画部 企画課 企画係
(採用年度:平成25年度 / 試験区分:事務)

Q1この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A他の部署と連絡調整等をすることが多いので、的確・迅速に情報共有や依頼をするように心がけています。
Q2現在の仕事内容について教えてください。
A教育研究組織(例:附属センター、研究科・学部、機構等)の設置・改廃の申請が主な業務です。様々な部署の協力が必要となる一方、学内での手続きや、設置・改廃に必要な書類など、内容により行うべき手続きが異なるためそれぞれ連絡調整を行ったり、書類の作成をしたりしています。また、文部科学省や企業等からアンケートの依頼もたびたび来るため、各部署からデータを提供してもらい、とりまとめて回答をしています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A海外大学と名古屋大学で国際連携専攻を設置するための業務に携わったことです。海外大学の教育制度や法制度が日本と違う中、一つの専攻を設置することの難しさを勉強させていただくことが出来ました。最後に無事設置が認められたとの知らせが来たときは安心したと共にとても嬉しく思いました。
Q4今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A海外大学と名古屋大学での国際連携専攻の設置のための手続きを行う中で、まず名古屋大学について制度や日本の大学を設置する際の基準等の知識を身に付けることの重要性を実感したので、現在の業務を通して日々勉強していきたいと思います。また以前配属になった部署での知識を活かすことも出来たので、今後自分の可能性を広げるためにも、様々な部署や研修等で経験を積んでいきたいと思います。
深見 さとみ

名古屋大学 研究所事務部 総務課 研究支援係
(採用年度:平成22年度 / 試験区分:事務)

Q1この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A日々の業務管理に気を配り、計画的に仕事を行うことを心がけています。
Q2現在の仕事内容について教えてください。
A3研究所(附置研究所)に所属する教員の研究活動をサポートする仕事をしています。主に民間企業等との共同研究を担当しているため、教員と企業、関係部署と連絡調整を行い契約・報告書等のとりまとめを行っています。他には、研究費執行についての問い合わせや額の確定調査の対応なども行います。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A科学研究費助成事業の担当をしていた際、前年度の収支報告一覧を作成したことが印象に残っています。他事業の収支報告と同じ時期であったため、優先順位を決めながら作成することも大変でしたが、課題件数が多いことや期日ぎりぎりまで収支データがそろわない課題もあり、とりまとめに時間がかかりました。周囲の方々にサポートをしてもらいながらではありますが、やり遂げたときはとても嬉しく思いました。
Q4今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A研究支援業務の知識を深め、業務改善や教員が研究活動しやすい環境なるようサポートしていきたいと思います。現在は研究契約・報告を主に行っているので執行業務にも興味があります。また、広い視野を持って臨機応変に対応できるように様々なことを学んでいきたいと思います。