東海・北陸地区 国立大学法人等 職員採用試験

機関紹介

5 国立大学法人

「学び,究め,貢献する岐阜大学」

 「人が育つ場所」という風土の中で「学び,究め,貢献する」人材を社会に提供する。そして法人自体も「学び,究め,貢献する」地域にとけこむ大学であるべきことを理念としています。
 岐阜大学は,全ての学部・研究科が1つのキャンパスにある特徴を教育・研究の両面に活かし,特に,高度な専門職業人の養成に主眼を置いた教育,教育の基盤としての質の高い研究,地域に根ざした国際化を展開しています。さらに,これらの成果を地域還元することなどにより,地域社会の活性化の中核的拠点として,地方創生の一翼を担っています。

  • 教職員数…1,961名
  • うち:事務職員…329名
  • 図書職員…7名
  • 技術系職員…79名

採用担当からの
メッセージ

人材開発部人事給与課人事給与係
gjdp01004[a]jim.gifu-u.ac.jp
058-293-2018
〒501-1193 岐阜県岐阜市柳戸1-1

岐阜大学の事務職員は,教育,研究,社会貢献を大学の使命と認識し,国際通用性を見据えた業務に取り組んでいます。
「環境の変化に対応できる人」
「先を読み提案する意欲を持ち,それを実行する行動力のある人」
「課題を発掘し,改善に取り組むことができる人」
「岐阜大学に”愛着”を持ち共に成長したい人」
を求めています。

職員の声

林 龍介

岐阜大学 研究推進部 研究推進課 研究推進係
(採用年度:平成23年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A大学の科研費の代表窓口として、科研費に関する様々な業務を行っています。応募から採択、実績報告に至るまで、通知や書類の作成・確認・提出などを行っています。教員や部局の事務担当者から問い合わせがあるため、常に科研費のハンドブックを片手に直接、又はメール等で対応をしています。科研費の応募時期には、学外の科研費説明会に積極的に参加したり、外部講師による学内説明会の運営も行っています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A教員の研究活動が益々進むように、常にどこか改善して科研費の採択件数を増やせないかを考えて業務を行っています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A一番印象に残っている業務は、科研費の研究計画調書が初めて手元に届いたときです。その研究において最前線を走る研究者が作成した計画調書の内容確認ができるというのは、緊張もしましたが、面白さもありました。これまで2年間、毎年500件の調書を確認していますので、目が肥えて、新聞の誤字脱字を見つけるまでになっています。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A私が大学職員になりたいと思ったきっかけは、自分が在学していた大学の職員の方にお世話になったからです。大学時代というのは、人生の中でも一番の岐路に立っていると言っても過言ではないと思います。そんなときに親身になってくれた方に感謝しています。皆さんも、それぞれの想いがあって、大学職員を目指していると思いますので、それぞれの想いを持ち続けて活躍していただけば幸いに存じます。 追伸 職場の仲間とは春夏秋冬を謳歌できるほど、大いに人生を満喫しています。
池田 美保子

岐阜大学 情報部 学術情報課 受入・目録係
(採用年度:平成21年度 / 試験区分:図書)

Q1この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A本と人、時によっては人と人をつなぐことができる、という点が魅力だと感じています。
Q2現在の仕事内容について教えてください。
A国内の他の大学図書館等で所蔵していない図書が入ってきた際は書誌データの入力を行います。私の入力した内容がCiNiiBooksというサイトや岐阜大学のOPACで公開されます。また、学位論文や紀要のメタデータ・本文ファイルの機関リポジトリへの登録も行っています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A今の係はまだこの春に異動したばかりなので前の係での出来事ですが、それまでやりとりが全くなかった海外の大学図書館にメールで問い合わせをして、文献を取り寄せたことがあります。自分の拙い英語が通じるか緊張しましたが、国内では所蔵していない資料を入手でき、利用を希望していた教員の方にとても喜んでいただけてうれしかったです。
Q4今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
Aこの業務は今までに習ったことが全くない言語を使用した書誌の入力も時として迫られます。どれがタイトル・シリーズ名・著者・出版者・出版地なのか迷いつつ、試行錯誤しながら入力しています。私達が書誌を入力して所蔵を登録しないと、「そもそもその資料がそこに存在する」ことを誰にも知ってもらえません。誰かが本を探す時の目印になるように、より正確に、より多くの書誌の入力をしていきたいです。
松岡 麻由子

岐阜大学 施設環境部 施設整備課 建築係
(採用年度:平成27年度 / 試験区分:建築)

Q1この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A自らが設計・施工監理したものが形となって残ることが魅力です。 ただ、失敗したものも残ってしまうため、常に責任感と緊張感を持って業務に取り組んでいます。
Q2現在の仕事内容について教えてください。
A自らが設計・施工監理したものが形となって残ることが魅力です。 ただ、失敗したものも残ってしまうため、常に責任感と緊張感を持って業務に取り組んでいます。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A平成28年に発生した熊本地震の際、熊本大学にて災害復旧支援業務に携わったことが印象に残っています。施設の被害に対する復旧予算の算定やその根拠資料の作成など事務的な業務が中心でしたが、実際に被害にあった施設を目の当たりにし、自分の勤めている大学は地震などの災害に対して十分に安全性を確保できているか、災害時に職員としてどのように対応したらよいのかを考えるきっかけとなりました。
Q4今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A施設の工事や維持保全業務は建築担当だけで行うわけではなく、電気担当や機械担当などと協力して行うことになります。今後、建築の専門知識だけでなく他担当の知識も習得することで理解不足を補い円滑な業務遂行に努めていきたいです。