東海・北陸地区 国立大学法人等 職員採用試験

機関紹介

4 国立大学法人

福井大学は、平成28年度から新たに「国際地域学部」を加えた4学部に体制を改め、総合大学としてより充実した姿となりました。本学ではこれまでもさまざまな特色のある教育を行っており、その取り組みや、研究力、社会貢献活動が評価され、平成29年には、複数学部を擁する国立大学において学生の就職率が10年連続1位となりました。
福井大学は、学生一人ひとりの力を最大限に引き出せるようなきめ細かな教育を実践するとともに、学生が実力を発揮できる進路を的確に見定めるための強力な支援を行う、“真の力をつけられる大学”です。

  • 教職員数…1,754名
  • うち:事務職員…250名
  • 図書職員…4名
  • 技術系職員…49名

採用担当からの
メッセージ

総務部人事労務課人事第一係
srjinji-1k[a]ad.u-fukui.ac.jp
0776-27-9854
〒910-8507 福井県福井市文京3-9-1

福井大学では、大学運営を効果的・効率的に支える事務局づくりを進めるため、全職員が参加して「事務局ビジョン」と「職員の行動指針」を策定しました。常に、誰のために、何のためにという思いを持ちながら業務に取り組んでいます。また、研修制度も充実しており、職員の学びたいという思いに応えることができます。
自ら深く考え、一歩前に踏み出すことができる方、進んで協同することができる方をお待ちしています。

職員の声

清水 綾乃

福井大学 総務部 総務課
(採用年度:平成25年度 / 試験区分:事務)

Q1現在の仕事内容について教えてください。
A役員会・経営協議会・教育研究評議会など大学全体の運営に係る会議や、入学式・学位記授与式、学外との連絡、法人文書の管理などの業務を行っています。大学の窓口となる部署で、役員や、学内の多くの部署と関わりを持ち、大学全体の概観をつかむことができます。また、小中学生の大学見学の対応も行っており、教職員に協力いただき、県内の児童・生徒の進路決定の一助となるよう、大学の魅力を知ってもらえるように努めています。
Q2この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A大学の窓口となる部署で、学内外の多様な方と関わりを持つ点に魅力を感じています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A入学式、学位記授与式の業務が、特に印象に残っています。 新入生の緊張と期待のこもった表情や、卒業生の晴れやかな姿を見られるのは、大学職員としてとても嬉しい瞬間です。また、当日に至るまでの業務を主体的に行ったと感じたことも、印象的だった理由かと思います。細々とした事務も多く、当日を迎えるまでは不安でしたが、学内外の様々な方にご協力いただき、無事終えることができました。
Q4国立大学法人等職員を志す皆さんへのメッセージをお願いします。
A試験勉強は大変かと思いますが、どうぞ体調には気をつけてください。 また、学生の方は、ぜひ、残りの学生生活も充実したものにしてください。 大学は、人が魅力の職場だと思います。一緒に働くことができるのを楽しみにしています!
平岡 まりな

福井大学 学務部 教務課 教務第二係
(採用年度:平成25年度 / 試験区分:事務)

Q1この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A学生の声を大切にしながら、充実した修学環境を整えることを心がけています。
Q2現在の仕事内容について教えてください。
A教育学部の教務全般を担当しています。成績管理やカリキュラムの作成、履修指導、資格証明書の発行などです。また、教務に関する委員会の開催や、社会人向けの学習プログラムである履修証明プログラムの運営、学校図書館司書教諭講習の実施にも携わっています。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A学部が新しくなった年には、新しい学部運営のために準備を行いました。旧カリキュラムから新カリキュラムへ円滑に移行できるように調整しながらの時間割作成や、新科目のシステム登録など、大切な節目の仕事に気が引き締まる思いでした。入学式ではオリエンテーションを担当したのですが、受け入れの準備をしてきた新入生の顔を一人ひとり見ながら話ができたことが嬉しく、これからもしっかり支援していきたいと強く感じました。
Q4今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A日本の高等教育の在り方が変化する中、大学を取り巻く環境も変化していると感じます。目の前の仕事ばかりについ目を向けてしまいがちですが、本学が取り組むべき教育改革の方向性などを考えていけるよう、情報を取り入れながら、柔軟で多様な視点を身につけていきたいです。学生や保護者の方、教員や他の部署で働く職員との信頼関係を大切にしながら、グローバル社会で活躍できる人材を輩出できるよう、日々努力していきます。
山田 大史

福井大学 病院部 経営企画課 経営企画係
(採用年度:平成25年度 / 試験区分:事務)

Q1この業務の魅力や仕事の上で心がけていることは何ですか?
A「自分の顧客」を常に意識し、顧客の立場になって物事を考えるように心がけています。
Q2現在の仕事内容について教えてください。
A病院の経営改善に関する企画・立案や、病院の中期目標等のとりまとめを行っています。病院経営に関する分析結果や改善策を検討する場として、毎月経営戦略企画部会という会議が開催されており、この会議に提出する分析結果や改善策を日々模索しています。また、当課に関係する調査のとりまとめや他課との連絡・調整などの業務を行うこともあります。
Q3印象に残っている業務を教えてください。
A福井大学医学部附属病院の30周年記念誌を作成したことが印象に残っています。記念誌を作成する中で、普段関わりが無い部署との連絡・調整、外部業者との打ち合わせ、議事録の作成等、貴重な経験をすることができました。OBの方の寄稿文を校正する中で、病院の移り変わりを感じられたことも印象深い体験の1つでした。最終校正が終わり、30周年記念誌が納品された時は、大きな達成感を感じることができました。
Q4今後挑戦したいこと、やってみたい仕事は何ですか?
A病院経営の改善に繋がる企画等を、数多く提案していきたいと考えています。現在、国立大学は改革を求められており、病院も例外ではありません。今後病院が変化していく中で、診療報酬請求額の増額、経費削減等、経営改善も併せて行う必要があります。病院の経営改善に少しでも貢献できるよう、日々勉強し、改善策を提案していきたいと考えています。