東海・北陸地区 国立大学法人等 職員採用試験

機関紹介

16 大学共同利用機関法人

自然科学研究機構生理学研究所

http://www.nips.ac.jp

生理学研究所は、「ヒトのからだ、とりわけ脳の働きを、国内外の大学等の研究者と共同で研究し、若手生理科学研究者の育成を行う研究機関」です。生理学の研究は、ヒトのからだの不思議を解き明かすとともに、私たちが健康な生活を送るための科学的指針や、病気の理解や治療法の開発のための基礎情報を与えてくれます。生理学研究所では、現在の研究対象の中心を脳・神経系に据えています。研究所には技術課が設置され、技術職員が研究教育職員と連携を図りながら、新たな段階となる研究の推進に向けて、それぞれの業務を遂行しています。

  • 教職員数…135名
  • うち:事務職員…58名
  • 図書職員…0名
  • 技術系職員…26名

※事務職員数は岡崎統合事務センターの職員数を記載しています。

採用担当からの
メッセージ

自然科学研究機構岡崎統合事務センター総務課人事係
r7113[a]orion.ac.jp
0564-55-7113
〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38

研究者・技術職員・事務職員が密に連携を取り合い、一丸となって業務に取り組むとともに、地域社会との連携も行っている、とてもやりがいが感じられる職場です。
世界でも最先端の研究を行う生理学研究所では、職員に高い資質が求められています。研究所の一員として協調性を持ち、自己スキルを磨くために努力を惜しまず、何事にもチャレンジする、熱意と創造力に溢れた人材を求めています。