国立大学法人等機関紹介

大学共同利用機関法人 国立遺伝学研究所

 当研究所はDNA二重らせん発見の4年前にあたる1949年に創設されました。現在は、大学共同利用機関法人として国内外の関連研究者のニーズに応える形で、生命科学分野の研究に有用な遺伝資源の保存と利用、遺伝情報データベースの整備利用等に注力しています。さらに、情報・システム研究機構の一員として、他3研究所(国立情報学研究所、統計数理研究所、国立極地研究所)と協力し、新しい学問領域を開拓しているほか、総合研究大学院大学生命科学研究科において遺伝学専攻を担当し、遺伝学研究分野の人材育成に努めています。

教職員数…94名 うち:事務職員…20名  技術系職員…12名

採用担当からのメッセージ

 本研究所は、科学研究費補助金の採択率もトップレベルであり、生命科学分野における国内有数の研究所です。
 総合大学と比べると規模は小さいですが、その分、最先端研究を「あなた」自身が支えていることを実感できる職場です。世の中の動きや行政の動きにアンテナを張り、真面目に学ぶことができる「あなた」なら理系の知識がなくても大丈夫です。
 やる気とチャレンジ精神の旺盛な「あなた」をお待ちしています。

採用担当

総務企画課人事・労務チーム

nigjinji@nig.ac.jp

055-981-6716

〒411-8540 静岡県三島市谷田1111